デイリーランキング

VTuberの間で「見て!〇〇が踊っているよ かわいいね」コピペが流行

VTuber

2020/02/20 15:23

HTC、VRヘッドセット「VIVE Cosmos」新たに3機種を発表

VIVE

2020/02/21 00:12

小型軽量へ HTC、次世代VRヘッドセットのコンセプトデザインを発表

VIVE

2020/02/21 00:46

【Oculus Quest】まさかのロケットパンチ。手首を飛ばして遠隔ハンドトラッキング

Oculus Quest

2020/02/19 19:30

世界最大級の地下空間“龍の巣”にカメラ潜入 NHKが360度映像公開

VR動画

2020/02/21 13:07 New

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

人気VRゲーム「Beat Saber」アーケード版が登場 世界規模でのトーナメントも

2018年上半期にヒットしたVRリズムゲーム「Beat Saber」のVRアーケード版が登場しました。開発元のBeat Gamesによると、トーナメントも予定されているとのこと。全世界の50箇所以上のVRアーケードで開催されます。

「Beat Saber」トーナメントは、 Virtual Athletics League(VAL)、LIV、SpringboardVRの3社の主催により開催。勝者には賞金が用意されています。Virtual Athletics LeagueはこれまでもVRゲームのトーナメントを主催してきました。LIVは「Beat Saber」の火付け役で、プレイしている様子を合成する技術を使い、試合を放送します。 SpringboardVRはスポンサーとして、商用ライセンスなどを展開します。

「Beat Saber」は、5月にSteamとOculus Storeにて配信を開始しました。ライトセーバーのような光る剣を振り、迫ってくるブロックをリズムに合わせて斬っていきます。HTC ViveとOculus Riftに対応。配信開始から1ヶ月で200万ドル(約2.2億円)以上を売り上げました。

「このコラボは私たちのコミュニティにとって楽しみの場ができるという意味でも、競争環境ができるという意味でも素晴らしい機会です。」とBeat GamesのCEO、Jaroslav Beck氏は語っています。

アーケード版「Beat Saber」は SpringboardVRのネットワークにより展開され、1分6セント(約6.6円)でプレイ可能となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=4Mh-GvM5aD0

「私たちのゴールは、VRアーケードとプレイヤーが好きなタイトルで競い合い、交流できるグローバル規模のコミュニティを作ることです。Beat SaberチームとSpringboardVRと一緒に働くことができて非常に嬉しく、感謝しています」とVALの共同創業者Ryan Burninghamは語っています。

現時点では、このトーナメントに参加するアーケードの一覧は公開されていません。SpringboardVRに対応しているアーケードが参加すると考えられます。

(参考)Road to VR


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

網膜投影型ARグラスの一般向け販売がスタート 価格は約65万円

2018/08/02 19:00 AR/MR

クロエ・モレッツがOculus Goを被っている写真を投稿

2018/08/02 19:00 Oculus Go

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集