VRゴーグルとは何?スマホでVR体験できるアプリガイド

PlayStation VRやHTC ViveなどPCとセットで使ったり、ゲーム機とセットで使うVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)が注目されています。一方で、手持ちのスマートフォンを使ってVRを体験することもできます。今回は、スマホでVR体験ができるVRアプリについて、アプリの探し方を含めてまとめました。

どうしてスマホでVRが体験できるのか

なぜPCやゲーム機や、高価なVR機器を使わずにスマホでVRを体験できるのか。それには、スマホについている基本的な機能が関係しています。PlayStation VRなどのVRヘッドマウントディスプレイには以下のような機能が搭載されています。

VRヘッドマウントディスプレイに搭載されている機能

・ディスプレイ
・立体視のためのレンズ
・頭の位置を読み取るヘッドトラッキング機能を行うために必要なセンサー(ジャイロセンサー、加速度センサー)。   
など

ディスプレイやセンサーを、スマホは元々搭載しています。そのため、スマホはVRを体験するために必要なほとんどの機能を持っているのです。

注意したいのは、ディスプレイに描き出す描画能力は、強力なグラフィック性能を持つPCやゲーム機にはかなわないということ。PCなどのハイエンドなVRに比べて、描画のクオリティはかなり低いものになります。そしてスマートフォンでVRを体験する際に必要となるのが、立体視をするためのレンズです。このレンズがついているものが「VRゴーグル」と呼ばれるものになります。

VRゴーグルとは何か

image05

「VRゴーグル」とは、スマホでVR体験をするには欠かせない、レンズのついたゴーグルのことを指します。スマホのディスプレイに出力された少しゆがんでいる映像を、レンズを通して見ることで、左右の目に視差の異なる像を映し出すことにより、立体視が可能となります。

ここで、立体視をする際、アプリごとに映像のゆがみ方の設定が違っていたら、あるアプリではこのVRゴーグルを使ってVRを体験できるのに、このアプリではできない、ということが発生してしまいます。そうしたデバイスごとの個体差が考慮され、「Google Cardbaord」という規格が決められています。「Google Cardboard」とは、Googleが定めた、スマホと一緒に使うVRゴーグルのことです。

「Google Cardboard」の登場と同時に、「Google Cardboard」対応アプリが出現しました。どのスマホ用VRコンテンツも、「Google Cardboard」と呼ばれているデバイスで見ることを前提に考えているので、アプリによってVRが体験できない、ということがないようにできています。

現在発売されているVRゴーグルは、この「Google Cardboard」対応アプリをVRで見ることができるように作られているものが多くあります。Googleとついていますが、Androidスマホだけでなく、iPhoneでも使用することができます。

オススメスマホVRゴーグルについて

ここでは、代表的なスマホVRゴーグルとおすすめのスマホVRゴーグルを紹介します。

Google Cardboard

image00

まさに名前そのまま、グーグルが展開するVRゴーグルで、ダンボール製。Cardboardの入手方法は大きく分けて2つ。自作するか、購入するかです。設計図がオープンソースで開放されており、誰でもCardboardを作ることができます。プロモーションにも使われやすく、普及しやすいヘッドセットです。

医学的な見地から、13歳未満の子供には一眼レンズのタイプのVRヘッドセットが好ましいとされています。Cardboardは二眼レンズのタイプのものしか用意されていないため注意が必要です。

Cardboardを購入し、初めにDLしたいおススメのVRアプリなや、Cardboardが要求するスマホ、OSのバージョンと気をつけておきたい注意点など詳しい情報は「Google Cardboardについて。「自作?購入?」「使えるスマホは?」「VRアプリは?」など」 より見ることができます。

ハコスコ タタミ2眼

image01

同じくダンボール製のVRゴーグルが、「ハコスコ タタミ2眼」です。こちらも「Google Cardboard」と同じく、企業が広告を印刷して配ることがあります。非常に安価で、折りたたむことができるので、かさばることなく持ち運びに便利です。

ハコスコの購入方法や、対応機種、対応VRアプリなど、詳しい情報は「ハコスコとは?特徴・購入方法・アプリ・対応機種まとめ」 より見ることができます。

HOMiDO

image03

フランス製のカスタムレンズなど、広い視野角を得るためにとても工夫されたVRゴーグルが、『HOMiDO』です。プラスチック製のVRゴーグルなので耐久性が高く、前述の通り視野角がとても広いです。そのため、VRコンテンツを体験する際の没入感が比較的深めのVRゴーグルです。

価格や優れている点、課題点など、まとめのレビューは「視野角がとても広い!スマホVRHMD『HOMiDO』」より見ることができます。

HooToo VR メガネ HT-VR002

image04

手頃な価格で、なおかつダンボールのようなすぐに壊れそうな素材ではないVRゴーグルを求めている人にオススメなのがこの『HooToo VR メガネ HT-VR002』です。3000円台の価格とは思えないほどVRゴーグルとしてはしっかり作り込んであるため、VRコンテンツや360度動画、写真に没入することができます。

優れている点や、課題点をまとめたレビューは「AmazonでベストセラーのスマホVRHMD『HooToo VRメガネ HT-VR002』」より見ることができます。

VRを体験できるコンテンツや360度動画の探し方

せっかくスマホ用VRゴーグルを手に入れても、体験するアプリがなくては何もできません。VRアプリの探し方や、おすすめのVRアプリを紹介します。

記事でおすすめされたアプリから好みのものを試してみる

クオリティの高いアプリやコンテンツを手に入れる方法として、Mogura VRでおすすめしているVRアプリを試し、好みのVRゲームを探すのもひとつの手です。

MoguraVRでおすすめしているスマホVRアプリ
和服美少女に癒される『なごみの耳かきVR』
幸せになれる「美少女スマホVR」まとめ
VR対応スマホゲーム『オルタナティブガールズ』
「ハコスコストア」にデジアイの初音ミクVRライブが登場
乙女スマホゲー『枕男子』 キャラと添い寝できるVR
VR×ボードゲーム『アニュビスの仮面』の購入予約が開始

Google Playストア、App Storeから探す場合

Google PlayやApp StoreからVRコンテンツを探す場合、「ジェットコースター VR」など、「○○ VR」といったように検索するとコンテンツがたくさんでてきます。Google PlayやApp Storeから探す場合は、あまりクオリティの高いコンテンツを引き当てるのはアプリの数が多いため難しいかもしれません。できるだけ評価の高いものを選ぶことをおすすめします。

Youtubeアプリ上で検索して360度動画を探す

「Google Cardboard」アプリから「Youtube」アプリを起動すると、360度動画を集めたチャンネル「360° Video」が閲覧できるため、その中から360度動画を探し出す方法です。

image02

360度動画の場合は、アプリと違い動画であるため、何か目的の動画を探し出す方が多いでしょうから、アプリを探す場合と違って、Youtube上で検索して360度動画を探し出す方法がおすすめです。

360度動画専門の動画サイトにいって360度動画を探す

360ChannelLittlstar JAPANハコスコストアなどの360度動画専門の動画サイト、動画投稿サイトに出向いて動画を探す方法です。360Channel、Littlstar JAPANはプロが撮影した360度動画ですので、やはりYouTubeやハコスコストアに投稿されている動画より一つ上のクオリティのものが多く、満足のゆく360度動画を探すことができるでしょう。

Oculus RiftやPlayStation VR、HTC ViveなどのPC用VRHMDには性能面ではどうしてもかないませんが、比較的安い価格で購入することができ、ほとんどのスマホに対応しているスマホVRゴーグル。VRは高いと躊躇している人はまずはここからVRの世界に入り込んでみてはいかがでしょうか。その際はクオリティの高いコンテンツを体験することを心がけておくと、より良い体験ができます。

他にもVRゴーグルはAmazonなどで数々ありますが、Mogura VRでは出来る限り多くのデバイスを実際に購入して試しています。ここで紹介していないデバイスの購入を検討する際はぜひご参照ください。

関連記事はこちら

この記事を書いた人