渋谷のドット絵展にて「VRピクセルアート」体験会が実施

7月16日から東京渋谷で「SHIBUYA PIXEL ART 2017(シブヤピクセルアート)」が開催中です。同イベントにてVRアプリ『Makebox』を体験できるブースが展示されています。

株式会社ViRDが開発する『Makebox』は、VR空間で直感的に3Dモデリングすることができるアプリです。積み木感覚でブロックを重ねて誰でも簡単に立体的な物を作ることが可能となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=1pCsx5y5oCM

本アプリで制作した3Dモデルは、WEBにアップロードやTwitterへ投稿することも可能です。また、作ったものをobjファイルとして書き出して、他の3Dモデリングツールで編集したり、ゲームエンジンの「Unity」や「Unreal Engine 4」に使用したりもできます。3Dプリンタの印刷も可能です。本アプリの対応VRデバイスは、Oculus Rift、HTC Vive。

SHIBUYA PIXEL ART 2017での『Makebox』の体験は、仮想空間「シブヤの街」に自分の作ったアートを展示するといった内容とのことです。体験は先着順となっており、1日2回、体験時間の30分前より整理券配布されます。詳細は、こちらのタイムテーブルから確認することができます。

イベントの概要

SHIBUYA PIXEL ART 2017
「VRピクセルアート体験」

体験アプリ

3Dモデリングアプリ『Makebox』

場所

渋谷マークシティ4階 クリエーションスクエアしぶや
東京都渋谷区道玄坂1丁目12−1

参加料

無料

タイムテーブル

7月22日・23日・29日
10:00から12:00
14:00から16:00
タイムテーブルは、こちらのページから

定員

先着10名(当日30分前より整理券配布)

URL

http://pixel-art.jp/

なおViRDは、Androidスマートフォン向けにARモデリングアプリ『Makebox AR』の開発も行っています。グーグル社のARプラットフォーム「Tango」を利用しており、現実空間で3Dモデリングが可能です。

(参考)
http://pixel-art.jp/

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ