VR対応のユニークなタクティカル・アクションゲーム『Salvaged』がSteamに登場

PCゲームのプラットフォームSteamに新たにVRに対応したゲームが登場しました。ベルギーのインディデベロッパーOpposable Gamesが開発を進めているタクティカル・アクションゲーム『Salvaged』です。

https://www.youtube.com/watch?v=vfy9MZPGHbE

このゲームの舞台は未来の宇宙船。プレイヤーは指令役を努め、探索のためエイリアンのいる領域に乗り込んだ4人部隊に指示を送ります。独特なのは、指示を送る視点です。シミュレーションゲームのように、マップを見下ろして部下である各キャラクターの行動を決めるだけでなく、モニタールームにいるプレイヤーは各キャラクターの頭に装着したカメラを通して1人称視点で様々な角度から現場の様子を見ることができます。

245612441_preview_1
245612441_preview_2

タクティカルアクションと銘打たれているのは、戦略性の高いシミュレーション要素と、FPSのような一人称視点での手に汗握る攻防を体験できるためです。

そして持っているデバイスに応じてプレイするモードが複数用意されています。1つのモニターを使うシングル・スクリーン・モード、モニターとタブレット(ゲーム内で指令を出すのはタブレットを通してなので、まさにその指示用のタブレット)を使うデュアル・スクリーン・モード。そして、Oculus Riftを使って体験するVRモードです。

245612441_preview_Sal_new_DS_screenshotsタブレットを通して指示を出せる。デュアル・スクリーンモード

245612441_preview_VR-ScreenshotVRモード、司令室にいる感覚だ

現在、Steam Greenlight中ということで、Steamでの配信を希望するかどうかユーザーによる投票が行われているところです。

ゲームの予告映像を見ていると、VRとも非常に親和性の高く、期待したいタイトルです。


(参考)

Slvaged(Steam公式、英語)
http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=245612441


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: Oculus Rift contents

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii