デイリーランキング

ジャニーズ×SHOWROOMの「バーチャルジャニーズプロジェクト」が始動!ジャニーズ初のバーチャルアイドルが発表

VTuber

2019/02/19 12:19

「VRグラビア女王 LIVEオーディション」がXRstadiumで生配信 視聴者が審査し“女王”を決める!

VR動画

2019/02/19 11:30

人気ゲーム「Apex Legend」と類似名称 “勘違い”でとあるVRゲームの売上が爆増

ゲーム・アプリ

2019/02/18 11:31

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年2月版)

Oculus Quest

2019/02/17 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(2月9日~2月16日)

VTuber

2019/02/17 19:15

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

バーチャルアバターになれる「FaceRig」入門 購入方法や使い方を紹介

パソコンでウェブカメラを使い、手軽に3Dモデルを操作できるソフト「FaceRig(フェイスリグ)」。2017年末ごろからバーチャルYouTuber(バーチャルユーチューバー・Vtuber)の人気に火が付いたことで、このソフトの名前を知った方もいるでしょう。

このソフトはゲーム配信プラットフォームであるSteamにて購入可能で、求められるPCのスペックも高くなく、手軽に始めることが出来ます。本記事ではFaceRigの魅力やダウンロード方法、そして具体的な使い方などを紹介します。

目次

1.FaceRigの機能
2.FaceRigはクリエイター以外にもオススメ!
3.FaceRigの購入・インストールの仕方
4.FaceRigの操作

FaceRigの機能

FaceRigはパソコンのWebカメラなどを介し、3Dモデルを動かすことが出来るソフトです。最初から3Dモデルのキャラクターや背景がいくつか用意されており、比較的簡単な操作だけでキャラクターを動かすことができます。バーチャルYouTuberのひとり「バーチャルおばあちゃん」もこのソフトとサンプルモデルを使っており、配信でも凡庸性の高さを示しています。

https://www.youtube.com/watch?v=7fHaELVXBwU

FaceRigを使用すると、カメラに映った使用者の顔に合わせ、キャラクターの表情が変わります。サンプルモデルを使うだけなら、特別な設定をしなくても自動で顔を認識してくれるので、手間もかかりません。また2Dのイラストを動かすソフト「Live2D」にも対応しており、2Dのイラストを使用したモデルでも、表情を豊かに再現してくれます。

FaceRigはクリエイター以外にもオススメ!

「FaceRigは興味あるけど、自分はVTuberやクリエイターではないし……」という方もいるかもしれません。しかしFaceRigはそういった方でも、VRアバター入門としてオススメできます。

筆者の場合、FaceRigを知らない友人達とビデオチャットをしていた時、試しに画面共有機能を通して使って見せたところ、思っていた以上に好感触でした。キャラクターの表情があまりにうまく連動していて笑いが生まれたり、動物のキャラの動きのかわいらしさで相手に和ませたりと、コミュニケーションを円滑にできるというメリットを発揮しました。

ここまで紹介してきた例は動画の配信などクリエイター志向のケースが多く、ハードルが高いと思う方もいるでしょう。しかしFaceRigは知人や友人などとのネットコミュニケーションなどでも十分その価値を発揮できます。パーティツールやおもちゃ感覚で買ってみるのもひとつの手だと思います。

FaceRigの購入・インストールの仕方

FaceRigを使うためにはいくつかの準備が必要です。まず器材として、Webカメラとマイクです。家電量販店やAmazonではマイクを内蔵したWebカメラが販売されています。カメラを内蔵したノートPCなら、マイクやヘッドセットだけが必要となります。

FaceRigはSteamにて¥1,480で購入可能で、日本語にも対応しています。本ソフトは単体でも起動しますが、Live2Dの機能を使いたいのならば「FaceRig Live2D Module」を、動画配信などで収益を得ている方なら「FaceRig Pro Upgrade」も合わせて購入する必要があります。

FaceRigを動かせるシステム要件は以下のとおりです。スペックを満たしていないと起動できないので注意しましょう。

最低スペック:
OS: OS: WindowsR 7およびそれ以降
プロセッサー: プロセッサー: IntelR Core i3-3220および同等のプロセッサー
メモリー: 2 GB RAM
グラフィック: グラフィックス: NVIDIA GeForce GT220および同等のグラフィックアダプタ
DirectX: Version 9.0
ストレージ: 3 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX 9.0c互換のサウンドカード

推奨スペック:
OS: WindowsR 7およびそれ以降のOS
プロセッサー:  IntelR Core i5-4570 3.20GHz および同等のプロセッサー
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX560 および同等のグラフィックアダプタ
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 4 GB 利用可能
サウンドカード:  DirectX 9.0c互換のサウンドカード

Steamのアカウントを持っていない場合、まずはSteamに登録をし、アカウントを登録する必要があります。メールアドレスの登録や利用規約の同意をし、PCにSteamをインストールしてください。

FaceRigはこちらのページより購入できます。上記の追加コンテンツは「DLC」から選択してカートに入れてください。


(Pro Upgradeはそこそこお値段がするので注意。動画配信などで収益を得ている場合は必要となる)

SteamではSteamウォレット・クレジットカード・Webmoney・コンビニ決済など様々な支払いに対応していますので、自分に合った支払いを選びましょう。ちなみにSteamのプリペイドカードがコンビニで7月23日から発売されているので、手軽にチャージしたい方はこちらもオススメです。

購入後は、規約に同意してインストールを行います。インストール時に「Xiph.Org Open Codecs」「WebM Project Directshow」「FaceRig Virtual Video driver」も合わせてインストールします。インストールが終了し、ライブラリやスタートメニューからFaceRigを起動すると以下の画面が出るので、LAUNCHをクリックしてください。これでFaceRigがスタートします。

FaceRigの操作

FaceRigを動かしてみる前に、まずは言語を日本語に設定し直しましょう。設定を「アドバンスUI」に変更→一般オプション→お気に入り設定→言語から日本語を選ぶことが出来ます。その後はまず「ベーシックUI」に戻し、必要最低限の機能を覚えましょう。

「アバター」では用意されたアバターから好きなキャラクターを選ぶことができ、「環境」は背景を選択できます。とりあえずデフォルトの好きなアバターと背景を選び、動かしてみましょう。

更に下にスクロールすれば、Live2Dのアバターも選べます。

「画像を画像モードに切り替え」を選ぶと、トラッキングしている自分の顔を確認でき、自分の顔とどのように一体化しているか分かります。トラッキングに違和感がある場合は
「トラッキングを自動調整する」を選んでください。「オーディオベースのリップシンクに切り替え」を選ぶと、アバターの口の動きが、トラッキングではなく声と連動します。

ベーシックUIでは他にもスクリーンショット撮影、動画をキャプチャーし保存、画像とテキストの配置を行うことができます。

FaceRigをビデオ通話に使う

Skypeを介してFaceRigでビデオ通話を行いたい場合、skype側では「オーディオとビデオの設定」からカメラを「FaceRig Visual camera」に切り替え、FaceRig側ではアドバンスUIの「ブロードキャストに切り替え」を行ってください。これでSkypeでもビデオ通話が可能になります。映像の反転が気になる場合、FaceRigの一般オプション→お気に入り設定→一般→フリップストリームから「横」を選択して直せます。

Discordでも同じように、ユーザー設定→アプリの設定→音声・ビデオより、FaceRig Visual cameraに切り替えます。FaceRig側の操作は同じです。

FaceRigは他にも、制作したモデルを使用してキャラクターを動かしたり、環境から選べるグリーンスクリーンをクロマキー合成に利用して、ゲームプレイ映像を背景に生配信をすることも可能です。興味のある方は、まずは気軽に触ってみましょう!


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ARテーブルゲームを実現する「Spatial MRX」クラウドファンディングで目標達成

2018/08/18 12:00 AR/MR

アズールレーン「ケッコンVR」 現実の式場で結婚式

2018/08/18 12:00 ゲーム・アプリ