『ポータル』の舞台を動きまわって楽しめるVR体験コンテンツ『The Lab』をValveが発表

Valveは、同社の代表的なゲーム『ポータル』の舞台としたVRコンテンツを春に無料公開することを明らかにしました。

Valve社はHTCとともにVRヘッドマウントディスプレイHTC Viveを開発するとともに、世界最大のPCゲームプラットフォームSteamをVRコンテンツの配信プラットフォームにするSteam VRを展開しています。

『ポータル(Portal)』はValve社が制作した3Dパズルゲームです。ロボットのキャラクターを操作し、不思議な研究所でパズルを解いていくというもの。ゲーム名にもなっている「ポータル」と呼ばれるワープホールをステージ内の任意の2箇所に作ってパズルを解いていきます。3Dの構造をうまく使い、空間を最大限活用したパズルが特徴的。また、登場するたまご型のキャラクター、「ATLAS」と「P-body」はロボットながらその仕草は愛嬌があります。

the_lab

Valveはこれまでも、HTC Vive向けに、このポータルシリーズの舞台となっている研究所Apature Science(アパチャー・サイエンス)で2体のキャラクターが登場し、ロボットを修理するシーンをルームスケールで歩きまわって体験するデモをイベント等で展示してきました。

https://www.youtube.com/watch?v=u28oYid7pOU

この度の発表では、実際にSteamVRで配信される形で、アパチャー・サイエンスを舞台しとした一連のコンテンツを体験できることが明らかにされました。作品名は『The Labs』。HTC Viveの最大の特長である部屋サイズを自由に動き回れるルームスケールをふんだんに活用したデモになる見込み。公開は2016年春となっています。

先行して3月14日からサンフランシスコで開催されるGDC2016にてお披露目されます。

(関連記事)
PORTALのあのロボットも登場するHTC Viveのデモの映像が公開

(参考)
Valve Announces New ‘Portal’ VR Content, Coming to SteamVR for Free This Spring – Road to VR
http://www.roadtovr.com/valve-the-lab-portal-vr-gdc-2016-steamvr/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/