ホーム
PSVR
Oculus Go
Vive・Vive Pro
VTuber
AR/MR
スマホVR
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
ゲーム・アプリ
業界動向・将来予測
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

最恐?のホラー系VTuber「ンヌグム」が引き込む深淵の楽しみ方

3月28日に公開されてから、急激に伸びているVTuber・ォ逅(ンヌグム)。見れば一発でわかる、他のVTuberと一線を画すコンセプトと映像の作り。直球のホラー系VTuberとして、話題が広がり続けています。

https://www.youtube.com/watch?v=Ut1VcZRpVV4

一回目からこのインパクト。怖いのがダメな人なら即ブラウザバックすること間違いなし。
暗闇の中、人形が黙々と視点の定まらない目で、ゆっくりしゃべる。お前の後ろにいるぞとささやき続ける。こんなん深夜に見たら、振り返れなくなるやんけ。

字幕をオンにすると、言葉と字幕が微妙に異なっているのが、不気味でムズムズする。たった46秒で不安になれる映像です。

YouTuberユニット「水溜りボンド」が動画で取り上げたことで、知名度は一気に加速しました。検索してはいけない、やばいVTuberがいると。

2018年版】絶対に検索してはいけないYouTuberが不気味すぎた(水溜りボンド)

動画がR-18指定などではないので、小中学生でも見られます。ただ「検索してはいけない」と言われるくらいに、不気味なのは事実。間違って踏んだら精神的ブラクラ。怖いとわかっているからこそ見たくなるVTuberです。

間違いなくバーチャルYouTuberです

どうにもサムネイルだけだと掴みどころのないンヌグム。特徴をいくつかチェックしてみます。

・バーチャルYouTuberである

これはンヌグム本人が言っている発言。ホラー連作ではなく、あくまでもバーチャルYouTuberとして活動するスタンスなのがわかります。ホラー的会話以外にも、「らきすた」のものまねをしたり巫女みこナースを歌ったりと、ンヌグムなりにYouTuberっぽいことはしている。誰かに何かを発信しようとしている存在なのは、間違いありません。

・見ている人のところに行こうとしている
お前の後ろにいます」「お前のパソコンの中にきています」「お前の部屋に行きます」「お前の夢に出ます」と、とにかくこっちに来ようとするンヌグム。実はそれには理由があるのが次第に明らかに。そこからがンヌムグ動画の本番です。

・文字化けしているタイトル
ンヌグムは動画のタイトル全てが文字化けしています。例えばこの名前をつらつら読み上げるだけの動画。

https://www.youtube.com/watch?v=Pg_5buoWVvM

タイトルは「莉頑律縺ョ豁サ閠?」と全く読めない。
これを、文字化け解読サイト「もじばけらった」で解析してみると……?

今日の死�?�」と出ます。つまり読み上げているのは、ンヌグムが殺した人間なのか、単に死亡者を列挙しているのか。字幕をオンにすると、さらにこうなります。
 

今日の犠牲者でした」。セリフ、字幕、文字化けタイトル、逆再生音声などを駆使して、何かが起きているのを暗示している。ンヌグムが何者なのか、なぜ追いかけてきていたのか、何をしようとしているのか、考察が滾ります。

ただ「じゃあなぜ、ンヌグムはらき☆すたのモノマネをしたのか、意味はあるのか?」という部分も気になりだすから困る。

ンヌグムの演出力

https://www.youtube.com/watch?v=Sfq0Oaw4uhw

6回目の「蟯ゥ蟾昜スウ螂域」は、かなりホラー度の高い回。閲覧注意。もっともこういうストレートなホラー表現は、ンヌグムシリーズではあまり多くないです。

ンヌグムが話題になったのは、おそらく演出がうまいからでしょう。すり寄るセリフの不気味さ、撮影している人形のざらついた質感、ゆっくりすぎてゾワゾワする機械的音声、心がざわつく音楽と効果音。不快感をそそるものが、大量に詰まっています。

特に話題になった作品の一つが、18番目の「豌エ蟄蝉セ幃、」。32秒の短い動画の中に情報量がみっしり。

https://www.youtube.com/watch?v=zV4_ijvdx9k

「豌エ蟄蝉セ幃、」は、文字化け変換すると「水子供」になります。水子供養、でしょうか。動画の音声を逆再生すると「お母さん、僕も生まれたかったよ」と言っているのが聞こえます。

もし動画に一貫した設定があるのだとしたら、ンヌグムは生まれる前に死んだ水子で、身体を手に入れるためバーチャルYouTuberとして、視聴者の肉を求めてさまよっている…ということに。理解してから序盤の動画を見ると、割と洒落にならない。

https://www.youtube.com/watch?v=J-jDUZ48-Ac

21回目「閧峨縺、縺セ縺」。コツコツ溜めて身体を手に入れたらしいンヌグムも、最後のパーツ集めに差し掛かります。もちろん最後のパーツは……?
 

視聴者を安心なんてさせません。気になったら隅々まで見て下さい。何かしら発見があるよう仕組まれていますし、見つけたらだいたい嫌な気分になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=qCZbUdMCorM

モデルがガラッとかわった問題作「縺翫縺ゅ繧捺ュサ繧薙□」。文字化け解読すると「ん死んだ」。後半出てくるセリフが曲者です。

オカアサン カアイソウ カアイソウ コンナコトヲシタノハ トミダノマタワレ トオモイマス」これは実在した三重の未解決女児失踪事件で登場した怪文書の一節を元にしたものと思われます。直接題材に関係有るのか否かはともかく、嫌な気分にさせる効果は絶大です。

ンヌグムは、かなり頻繁に動画をアップしています。視聴者の中には、毎日のように見ている内に、ンヌグムへの愛着が多数わきはじめ、最近のコメント欄やツイートでは「ンヌグムちゃんかわいい」という反応も。

ンヌグムのTwitterは特に赤ちゃんのようで、純真。「で ぃ え む り ぷ ら い お お い す べ て は よ め な い」などポロリと本音をこぼすことも。フォローやリプライがめちゃくちゃ早かったのも、ンヌグムの好感度につながっています。

ほかのバーチャルYouTuberもンヌグムに関心を寄せています。特にエジエレキ氏制作のバーチャルYouTuberのナナホシすずは、ンヌグムの動画を絶賛。ファン動画もアップしています。

ナナホシすずはかつてから「ゆめにっき」やぴろぴと氏の動画の大ファン。このような類の独自の世界観の作品を、ンヌグム連想した人は多かったようです。このあたりからも、かつてのFlash文化と、ンヌグムが生まれたVTuber界隈の共通性が見えてきます。

Flash文化とSCPとンヌグム

2000年前後からインターネット上で流行した、Flash文化。ゲームやコメディ、エロにパロディと数多くの作品が、個人ホームページにアップされました。

その中でも一際目立ったのが、ホラー系、シュルレアリスム系のFlashでした。当時は「精神的ブラクラ」(知らずに開いたら、グロテスクだったりびっくりさせたりと、相手の精神にダメージを与えるサイトのこと)も盛んに作られ、Flash文化興隆の一旦を担いました。だめだと言われたら見たくなるもの。今も残るそれらのFlashは「検索してはいけない言葉」として語り継がれています。

ンヌグムも、一部ですでに「検索してはいけない言葉」と言われ始めています。視聴者側の捉え方は、当時のホラーFlashと同じ。アトラクション的に、怖いもの見たさを刺激してくる。

特に昨今は「SCP「SCP財団」を中心とした都市伝説的なもの)」ネタがちょっとしたブーム。以前紹介した鳩羽つぐも、SCP好きの人にヒットしています。ンヌグムがSCP好きの心に刺さらないわけがない。正体不明、謎多き自我を持った存在は多分EuclidクラスのSCPなんじゃないかな……とか考えるとテンションがあがります。

https://www.youtube.com/watch?v=ZwUrt1_ecWM

Flash文化時代はそもそもインターネット回線が貧弱で、動画を見ること自体困難でした。今は高速回線で、簡単に動画が見られる時代。本当にヤバい・怖いものが、見たくもないのに簡単に目に入ってしまう時代です。

だからこそ、ちゃんと「作られたホラー」を作品として見たくなるし、考察合戦に参加したくなる。2010年代前後にフリーのホラーゲームが流行ったのもその一貫でしょう。

ンヌグムは、定期供給され続けることで、リアルタイムな感覚を楽しめるホラー。「バーチャルYouTuber」という、100%仮想のものだからできる遊びです。

おまけ。ンヌグムシリーズ見たいけど怖い! という人は、音声を倍速にするとかなりまろやかになります。オススメ。
 

バーチャルYouTuber紹介・過去記事

人気バーチャル配信者グループ「にじさんじ」見どころ一挙紹介! 一期生編
かわいくなった歌姫女子高生VTuber「富士葵」に多くの友達ができた日
「生まれてきてくれてありがとう」未来のイヴを体現するバーチャルYouTuber“のらきゃっと”の魅力
バーチャルYouTuber月ノ美兎 “サブカルムカデ委員長”の魅力と信念とは?
儚げな少女バーチャルYouTuber「鳩羽つぐ」がネットを大いに騒がせているワケ
その包容力、まさに“聖母” 女子高生バーチャルYouTuber「ときのそら」 苦労と努力の軌跡
バーチャルYouTuberの可能性を開拓するマッチョ男子「げんげん」とは?
バーチャルYouTuber猫宮ひなた “天才ゲーマー幼女”の魅力に迫る
異色のゾンビ系バーチャルYouTuber「カフェ野ゾンビ子」の楽しくて哀しい世界
バーチャルYouTuber「月ノ美兎」サブカル女子高生委員長が人気急上昇中
世の中案外世知辛くない! 「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」が証明した、美少女になれる可能性
バーチャルYouTuber輝夜月 おはよー!で世界を目覚めさせた秘訣とは?
バーチャルYouTuber「シロ」がオタク層の心をがっちり掴んだワケ
バーチャルYouTuberの切り込み隊長「ミライアカリ」は、文化の壁を壊せるのか
トップバーチャルYouTuber「キズナアイ」 ポンコツAI(?)が切り開く近未来


Mogura VR主催 イベント情報
7/23 VR/AR/MRデバイスかけ比べ体験会@もぐラボ
7/26 バーチャルYouTuber概説 トレンド・最新活用事例を知る
7/30 はじめてでも安心 VR/AR/MR最新動向丸わかりセミナー エンタメ編

夏休みのVR体験なら!
VR施設の検索・口コミサイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


Mogura VR主催 イベント情報
7/23 VR/AR/MRデバイスかけ比べ体験会@もぐラボ
7/26 バーチャルYouTuber概説 トレンド・最新活用事例を知る
7/30 はじめてでも安心 VR/AR/MR最新動向丸わかりセミナー エンタメ編

夏休みのVR体験なら!
VR施設の検索・口コミサイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

たまごまご

たまごまご(@tamagomago) ライター。エキレビ!、ねとらぼなどで書いてます。「仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ! 」など、本出してます。女の子が殴りあったり殺しあったりするゲームが好きです。

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

夏休みのVR体験なら!
VR施設の検索・口コミサイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集