ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.06.29

アップル、自動運転車中でのVR体験技術開発か

YouTubeでの動画投稿でも話題を集める米国のエンジニア、マーク・ローバー(Mark Rober)氏が、アップルのVRプロジェクトに携わっていると報じられています。メディアVarietyによれば、このプロジェクトはアップルが進めている自動運転車でのVR体験に関するものであると推測されています。

特許から見るアップルのVR開発

アップルとローバー氏本人から回答は得られていませんが、ローバー氏はベイエリアの“某企業”で製品デザインを行っているとしており、これがアップルだと考えられています。また同氏は「未発表の製品に携わっている」ということで、このことも報道を裏付けていると言います。

今年4月に米国特許商標庁が公開した特許内容によれば、アップルは自動運転の車中で体験するVRシステムを検討している様子です。アップルはARフレームワークARKitの開発でAR事業を進めながら、AR/VR両対応のデバイスを計画していると見られます。また一方で、自動車メーカーと提携して自動運転車両の開発も行っています。自動運転技術とAR/VR事業を融合したものが、この特許となります。

車の動きとVR体験を融合

特許内容からうかがえる興味深い点は、アップルが運転中の現実の体験を、VRの内容と融合させようとしている点です。アップルは「運転中は、室内で座っているときには体験できないようなVR体験が可能です。たとえば車の加速や動きは、VR体験に動きを加えてよりいきいきとさせます」としています。

また特許では、アバターのようなソーシャルVRの要素を利用することにも触れています。「例えば、トークショーの司会者が隣のシートに座ってショーを進めるといったVR体験」が考えられるということです。

ローバー氏が携わっているとされるこの特許内容について、アップルは詳細を明らかにしていません。自動運転中の車内でVRを活用する試みは、Uber(ウーバー)ルノーワーナーでも進められています。自動運転の普及のカギを握るのか、今後の進展が待たれます。

(参考)Variety

この記事を書いた人

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集