デイリーランキング

突如現れたドコモの「軽量ディスプレイグラス」開発担当者に狙いを聞く

テック

2021/02/26 19:00

リコーの360度カメラ「THETA Z1」が完売 部品が入手困難に

テック

2021/02/26 15:15

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

開発

2021/02/25 18:15

ノーコードかつWebブラウザだけでARコンテンツが作れる「WorkLink Create」

開発

2021/02/26 11:30

ARグラス「KURA Gallium」が2021年末生産開始、片目8K・視野角150度等ハイスペックデバイス

テック

2021/02/24 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRで痛み緩和、仏企業が資金調達し製品化へ 臨床実験で9割が肯定的回答

医療分野でのVRの活用方法には様々なものがあります。研修医のトレーニングから手術を手助けするもの、そして患者やその家族に病状を説明するツールまで、その用途は多岐にわたります。

医療分野におけるVRの中でも、VRを活用した患者の痛みの緩和が注目を集めています。この分野に特化するフランスのHypnoVRは、複数の投資家や企業から70万ユーロ(約8,900万円)の資金を調達しました。同社はこの資金により製品の開発を進め、セールス・マーケティングの強化を行うとしています。そして、痛みの緩和用VRソリューションを2018年9月に製品化する予定です。

臨床試験では90%からポジティブな回答

HypnoVRが手掛けるのは、薬を使わずに患者の痛み、ストレス、不安感を和らげる仕組みです。クラスⅠの医療機器として、CEマーキング(欧州医療機器指令に準拠することを表明するマーク)の取得最終段階に入っており、Gear VRやOculus RiftのようなVRヘッドセット向けに販売予定です。

HypnoVRの代表取締役であるNicolas Schaettel氏は、「我々には、痛みや不安感を緩和する技術を、多くの患者に届けるというミッションがあります。患者がより良く痛みをコントロール出来るようにし、ストレスや不安感を軽減、そして早期の回復を促します。臨床試験の結果では、90%の患者からポジティブな回答を得られました。今年の9月に製品化する準備も整っています」と話しています。

痛み・不安の緩和へのVR活用事例

VRを活用した医療分野での痛み・不安の緩和ケアには、他にも下記のような事例があります。

「10年以内に治療中のVRは当たり前に」フランスで痛み緩和にVR活用 | Mogura VR

「10年以内に治療中のVRは当たり前に」フランスで痛み緩和にVR活用 | Mogura VR

MoguraVR

VRで出産を理解し、不安を緩和 スウェーデンで活用広がる | Mogura VR

VRで出産を理解し、不安を緩和 スウェーデンで活用広がる | Mogura VR

MoguraVR

VRゴーグルをつけて歯科治療、子供の痛みと不安を和らげる | Mogura VR

VRゴーグルをつけて歯科治療、子供の痛みと不安を和らげる | Mogura VR

MoguraVR

医療用VRゲーム開発 VRで痛みや不安から気をそらす | Mogura VR

医療用VRゲーム開発 VRで痛みや不安から気をそらす | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


組み立てわずか10秒、お手軽なスマホ向け紙製VRゴーグルが販売開始

2018/06/20 15:03 スマホVR

「VRの世界を作る」NEW VIEWアワード、パルコとのタイアップ権など3つの賞が追加発表

2018/06/20 15:03 イベント情報