デイリーランキング

MRデバイス「Magic Leap 2」が正式発表、HTCの新VRヘッドセット「VIVE Flow」登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/10/18 08:00

クラスターが「メタバースを再定義する」カンファレンスを開催、大規模アップデートも発表 11月1日に

セミナー

2021/10/15 20:00

フェイスブック幹部らが相次いで新型VRヘッドセットの写真を投稿。Facebook Connectに向けたティザーか

業界動向

2021/10/14 12:10

Magic Leap 2が正式発表、小型軽量で縦に視野角広く さらに追加で5億ドルを調達

業界動向

2021/10/12 10:46

バーチャルキャラクターサービスのMOSHBIT.が調達。累計2.3億円に

投資

2021/10/15 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR体験施設「VR PARK TOKYO」開設2ヶ月で1万人集客

首都圏を中心にエンターテインメント事業を展開するアドアーズ株式会社は、VR体験施設「VR PARK TOKYO」の概況を含めた、平成29年3月期の総合エンターテインメント施設売上高の決算を発表しました。

同社の発表によると、既存ゲーム店舗の減収により既存店前年比97.1%となったものの、
昨年12月開設した「VR PARK TOKYO」は、オープン後2ヶ月で10,000人を集客。落下型VRアトラクション『ジャングルバンジーVR』を導入や、料金設定および入場時間の変更などを行った結果、月間最高売上を記録。本VR体験施設の直近の稼働率は、平日は70%、週末は90%の稼働率との発表です。

今後のVR事業の方向性としてアドアーズは、首都圏における本VR施設の新規物件や営業面積などの拡大を目指すとのこと。また、VRアトラクションの販売やレンタルを行い「アミューズメント、遊園地、各種催事イベント」などで収益化を目指し、VR市場ニーズを満たすための供給役割を果たして行くとのことです。

日本国内におけるVR体験施設に関しては、東京の渋谷にある「VR SPACE」や埼玉県越谷のショッピングセンター「イオンレイクタウンmori」内にある「VR Center」などがあります。

また、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが運営する2017年7月にオープン予定のVR体験施設「VR ZONE Shinjuku」では、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するエヴァをVR内で自らの手で操縦できるVRアトラクションが設置予定となっています。国内VR体験施設の動向に関しては今後も注目したいところです。

(参考)
http://www.adores.co.jp/ir/


「VRクリエイティブアワード2017」最優秀賞はあの作品!来年開催の可能性も言及

2017/06/07 10:00 活用事例

【体験レポ】表情の完全同期も夢じゃない?筋肉の動きを使った表情認識デバイス「MASK」

2017/06/07 10:00 クリエイティブツール