デイリーランキング

京都発VRゲームのスタートアップが約1億円調達、開発体制を拡充

投資

2020/11/26 17:30

マイクロソフト、MRに特化した公式カンファレンスを開催

セミナー

2020/11/26 11:30

XRを学ぶカリキュラムを教育機関に提供 UnityとXRスタートアップがタッグ

業界動向

2020/11/26 19:00

KDDIはMRと5G、そして“バーチャルヒューマン”で未来に取り組む

業界動向

2020/11/27 19:00 Sponsored

VRコラボツールのSynamon、ビジネス支援プログラム開始 資金も追加調達

業界動向

2020/11/27 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

スマホでバーチャルイベントの英企業が資金調達 β版から2ヶ月で利用は4,000件

ロンドンを拠点とするスタートアップのTeoohは、累計で400万ユーロ(約4.8億円)となる資金調達に成功しました。バーチャルコミュニケーションツールを拡大し、ビジネスからプライベートまで、人々の集いを支援します。

開催イベントは2ヶ月で4,000件

Teeohが手掛けるのは、アバターを用いてバーチャル空間でコミュニケーションを取るプラットフォームです。既存のオンラインミーティングとは異なる、人と人との繋がりを実感できる仕組みを打ち出しています。
同社は特に、リモート会議、個人間の集まり、そしてバーチャルイベントという3つのジャンルに注力しています。2020年4月にベータ版をリリースし、すでに4,000以上のイベントや会議、プライベートな集まりに使われたということです。

このプラットフォームの特長は、VRヘッドセットを使わず、シンプルな操作でスマートフォンからバーチャルイベントを企画できる点です。アプリまたは公式ウェブサイトから”Create Your Event”をクリック。アバターを作成し、参加者にイベントのリンクを共有すれば完了します。
なお2020年6月30日現在、スマートフォンアプリはiOSのみ対応となっています。

コロナで注目の遠隔コミュニケーション

新型コロナウィルスの流行で直接のコミュニケーションが困難な中、2020年4月から5月にかけてイベント数は107%の増加。現在も右肩上がりの拡大が続いています。
Teeohは今後数週間のうちに、セッションや少人数での打ち合わせ、スクリーン共有など、様々な規模のイベントに対応予定です。引き続き「他者と繋がり、コミュニティーを作る」べく、ビジネス用途、個人利用共に人々の集まりをサポートするとしています。

新型コロナウィルス以降、多くの企業がリモートワークやコミュニケーション、イベントのプラットフォームを拡充しています。

新バーチャルイベントプラットフォーム「ccVES」リリース、MSの「de:code」に採用 | Mogura VR

新バーチャルイベントプラットフォーム「ccVES」リリース、MSの「de:code」に採用 | Mogura VR

MoguraVR

HTC、リモートワーク向けVRツールをひとまとめに 2020年Q3リリース | Mogura VR

HTC、リモートワーク向けVRツールをひとまとめに 2020年Q3リリース | Mogura VR

MoguraVR

バーチャル空間を共有できるSpatialが無償化、"在宅勤務疲れ"対策に商機 | Mogura VR

バーチャル空間を共有できるSpatialが無償化、"在宅勤務疲れ"対策に商機 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)EU-Startups


【Mogura主催のイベント】
・最前線の知見が学べる、国内最大級のVR/AR/MR関連カンファレンス「XR Kaigi」今年も開催!(12/8 -12/10)

PwCがVRトレーニングの有用性を報告、学習速度や集中力は4倍以上

2020/06/30 12:03 統計・データ

ウェザーニューズとロート製薬の共同研究、両社のVTuberたちが配信

2020/06/30 12:03 VTuber 最新ニュース一覧