デイリーランキング

アップルがMRヘッドセットやARグラス向けと思われる特許を取得。メガネ無しでの体験を可能に?

テック

2022/01/18 18:00

AmazeVR、約17億円を調達。春にはVRコンサートを開催予定

投資

2022/01/18 11:32

「セカンドライフ」のLinden Labに創設者が復帰、メタバース分野での成長狙う

業界動向

2022/01/18 19:45

「docomo Open House’22」でみた6G時代の「テレイグジステンス」と「メタバース」

業界動向

2022/01/18 19:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

HTC、リモートワーク向けVRツールをひとまとめに 2020年Q3リリース

HTCは、リモートワークやコラボレーション支援のツールをセットにした「Vive XR Suite」をリリースします。企業で必要なVRツールをひとまとめにし、スムーズな導入を促す狙いです。

5つのVRアプリを同時導入

新型コロナウィルスの流行で世界各地でロックダウンが続き、在宅勤務や自宅学習のニーズが強くなっています。遠隔でのコミュニケーションや協業のツールとして、VRへの注目もアップ。そこでHTCが打ち出すのは、エンタープライズ向けのVRアプリケーション5つのバンドル「Vive XR Suite」です。

https://www.youtube.com/watch?v=nFCq8m6oPW0

ユーザーは一度サインインするだけで、下記5つの機能(アプリ)を利用できます。VRの導入がより容易になると期待されています。

・VIVE Sync
利用するアプリ:VIVE Sync
用途:ミーティング

・VIVE Campus
利用するアプリ:VirBELA
用途:バーチャルオフィス

・VIVE Sessions
利用するアプリ:ENGAGE
用途:講義

・VIVE Social
利用するアプリ:VRChat
用途:SNS

・VIVE Museum
利用するアプリ:Museum of Other Realities
用途:展示

バンドルはPC向けのVRヘッドセットに対応。またVive Focusなどの「VIVE Wave」対応のデバイスでも利用できます。さらにHTCによれば、VRヘッドセットがなくても、PCやスマートフォン(一部アプリケーションのみ対応)での利用も可能ということです。

バンドルには疑問符も?

このように「Vive XR Suite」には、複数のアプリを一度に導入できるという手軽さはあります。一方で、似たようなツールに同時に対価を支払うユーザーがいるのか、オフィスと展示が両方必要な企業がどれだけ存在するのか、といった指摘もあるでしょう。

サインインは一度で済むものの、HTCは「Vive XR Suite」が5つの”別々のアプリケーション”から成り立つ、という表現をしてします。異なるアプリ間で、アバターやユーザーの作成したコンテンツ、インターフェースといったものを共有できるかは不明です。

「Vive XR Suite」の発売は2020年第3四半期を予定。無料版と、「エンタープライズ・クリエイターレベルの機能と商用ライセンスのついた」定額利用版の双方がラインナップされます。またHTCは、バイドゥやHPらとパートナーを組み、販路を確保するとしています。価格は未発表です。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

ひらかたパークが恐怖で染まる…!VRお化け屋敷「学校の怖い話」開催

2020/06/17 12:26 イベント情報

新バーチャルイベントプラットフォーム「ccVES」リリース、MSの「de:code」に採用

2020/06/17 12:26 業界動向
VR/AR/MR 用語集