デイリーランキング

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

HoloLens 2、一部のデバイスで表示に問題か。マイクロソフトは「対応中」

業界動向

2020/01/19 11:30

渋谷PARCOのVR/AR展示、1ヶ月で25,000人を動員

業界動向

2020/01/17 19:30

「ARグラスのブレークスルーは2020年代」ザッカーバーグ語る、介護向けVRスタートアップの資金調達先に注目  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/20 10:04

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

小児看護の現場を学ぶVR教材 宝塚大学の教員と学生が協力

VRはエンターテインメント分野だけではなく、企業研修・教育での利用事例をはじめ、学校教育現場の遠隔支援など、幅広い分野で利用が進んでいます。

宝塚大学の看護学部では、小児看護の現場を体験できるVR教材が使用されています。今回使用されたVR教材は、宝塚大学・東京メディア芸術学部の教員と学生が制作に協力しており、看護学生が小児看護の現場をシミュレーション、リアルな体験を通して学習できます。

VR教材では360度動画を使用。危険個所や注意箇所など、被験者の視線を記録することで、他の人とスムーズな情報共有が可能です。誰でも簡単に体験できるシンプルなUIや被験者の履歴を記録できる機能など、現場の要求に合わせた機能もあわせて実装されています。

行われた演習では、この教材を用いて100名を超える学生が短時間で同じ体験を共有するなど、スピードにも優れています。演習でVR教材を視聴した学生の感想には、「リアルで、実際に病室にいるかのように感じた」とあり、VRを使用することで体験者に臨場感を与え、学生の興味を引き出せたことが分かります。

宝塚大学曰く、この教材では子どもと接する体験が少ない、学習過程にある看護学生が、リアルに小児看護の現場を学ぶため、実際の場面を想定できる方法として制作されたとのこと。宝塚大学は「今後もより効果的なVR教材の開発を目指していきたい」としています。

(参考)
・プレスリリース


最大25億ピクセル、日本の観光地を360度見渡せるサービス公開

2018/02/19 18:30 VR動画

朝日新聞、360度動画で「藤井六段vs羽生竜王」の初手を配信

2018/02/19 18:30 VR動画
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集