ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.09.19

VRヘッドセットの高精細化目指し 要素技術の開発進む

VRヘッドセットの解像度をさらに高める高精細化について、要素技術に関する情報が徐々に明らかになっています。

ディスプレイ向けの電子部品を手掛ける米国のSynaptics社は、新たなドライバーICを発表しました。VRヘッドセット向けディスプレイの高精細化を助け、視線追跡と組み合わせた新たなレンダリングを実現するとしています。

1000ppiのディスプレイを目指す

ディスプレイ向けのドライバーICは画像処理を行っており、GPUの重要な構成部品です。Synaptics社は、ClearViewのブランドでドライバーICを開発しています。

今回発表したClearView R63455は、VRヘッドセット向けに最適化されているとのこと。実現可能なディスプレイ解像度は2,160×2,400、リフレッシュレート90Hzで、同社は「業界初」を謳っています。高精細化で目指すのは1000ppiです。

またSynapticsによればこのICは”Foveal Transport”という特徴を持ち、アイトラッキングを行いながら、フォービエイテッド・レンダリング(Foveated Rendering)で高画質を実現するということです。

※フォービエイテッド・レンダリング(Foveated Rendering)
視野の中心ほど高画質で、外側に行くにしたがって低画質で描画する手法。高解像度のレンダリングを必要十分な領域にとどめることで、PCにかかる描画処理の負担を大幅に軽減することができる。

VirtualLinkにも対応可能?

さらに同社のVRブリッジVXR7200と併用することで、USB Type-Cコネクタによる接続が可能になります。SynapticsはVRデバイス・PCの接続規格「VirtualLink」には言及していませんが、技術的には対応が可能と見られます。

R63455は、現在顧客向けサンプルの出荷中です。

ディスプレイの高精細化とそのディスプレイ向けに映像を出力するGPU、双方が揃わないとVRの高精細化は進みません。VR向けディスプレイの高精細化を巡っては、ジャパンディスプレイが1001ppi液晶ディスプレイを発表しているほか、グーグルとLGも、1443ppiの有機ELに関する論文を公開しています。

JDI、1001ppiのVR向け高精細液晶開発 リフレッシュレートや応答速度も向上 | Mogura VR

JDI、1001ppiのVR向け高精細液晶開発 リフレッシュレートや応答速度も向上 | Mogura VR

MoguraVR

グーグルとLG、高解像度有機ELの論文公開 人の眼に近いVRへ | Mogura VR

グーグルとLG、高解像度有機ELの論文公開 人の眼に近いVRへ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集