デイリーランキング

ノーコードでWebARが作れる国産サービス「palanAR」、位置情報を使ったAR機能が追加

開発

2021/09/22 18:30

フェイスブックのスマートグラス、欧州の規制当局がプライバシーに懸念表明

業界動向

2021/09/22 12:00

KDDIがメタバースプラットフォームを発表、VR/AR両対応の「Lynx R-1」クラファン間近か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/09/21 08:00

「Microsoft Japan Digital Days」が10月12日より開催。HoloLensやMR関連の講演も多数

セミナー

2021/09/22 19:00

うつ病治療におけるVR活用の効果検証、ジョリーグッドと研究機関が進める

活用事例

2021/09/21 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

米軍がVR空中給油トレーニングを導入、1人当たり16万ドル削減

VR/ARスタートアップSpecular Theoryは、中小企業技術革新研究プログラム (Small Business Innovation Research、SBIR)フェーズⅢの契約をアメリカ合衆国国防総省と締結しました。この契約に基づき、Specular Theoryが開発したVRでの空中給油トレーニングを提供します。

Specular Theoryは2013年創業、VR/ARコンテンツの開発を行っています。過去にはウォルマート等の企業向け展開に加え、Barcelona Games WorldでBest XR Gameを受賞した経験も持ちます。

AIインストラクターやマルチプレイ機能も

今回の契約は、前年に結んだフェーズⅡの契約に続くものです。契約の総額は450万ドル(約4.9億円)、空中給油VRシミュレーターの米空軍への導入をさらに進める予定です。

このシミュレーターは開発中の機能を含め、AIによるインストラクション、Adaptive Learning(各学習者の学習進捗度に最適な学習方法を選択・提供する機能を持つシステム)、マルチプレイといった特徴を備えます。遠隔地にいるパイロット同士でも共同で訓練を行い、各自の習熟度に応じたトレーニングを受けることができます。

実飛行回数を削減へ

また米空軍によれば、VRトレーニング導入により実際の訓練飛行の回数を減らせるとのこと。通常空中給油を習得するためには、パイロット1名あたり6回の飛行が必要で、1回につき約8万ドル(約880万円)のコストがかかります。VRと併用することで飛行回数を4回に減らすことができ、これは1人当たり16万ドル(約1,750万円)の削減になります。今後はシミュレーションで利用可能な機体や、トレーニングシナリオの拡充も図る計画です。

米軍では様々なセクションでVRトレーニング導入が進んでおり、これまでに下記のような記事で取り上げてきました。

米軍の「HoloLens 2」大規模導入が量産フェーズに移行、契約金額は最大2兆円超 | Mogura VR

米軍の「HoloLens 2」大規模導入が量産フェーズに移行、契約金額は最大2兆円超 | Mogura VR

MoguraVR

広がる米軍でのVR活用、次は消防トレーニング | Mogura VR

広がる米軍でのVR活用、次は消防トレーニング | Mogura VR

MoguraVR

米軍需企業、軍医向けにVRトレーニング開発 触覚グローブも導入 | Mogura VR

米軍需企業、軍医向けにVRトレーニング開発 触覚グローブも導入 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)PRNewswireSpecular Theory


街中でポケモン……じゃなくて空飛ぶハンバーガーを捕まえて「本物と交換」するキャンペーン、オーストラリアでスタート

2021/06/03 19:30 話題

リアルな町並みを再現したVRアプリ「OtherSight」発表、フォトグラメトリ活用で

2021/06/03 19:30 Oculus Quest 最新情報