デイリーランキング

米陸軍、HoloLens 2活用のシステムを車両部隊でもテスト

活用事例

2022/01/19 12:30

日産が技能トレーニングに「HoloLens 2」活用、次世代のクルマづくりを加速

活用事例

2022/01/21 12:00

大日本印刷とGaudiyが提携、メタバースとファンエコノミーをつなぐビジネス創出目指す

メタバース

2022/01/20 19:10

「Quest 2は長い間、展開することになる」改めて明らかに

業界動向

2021/12/29 19:30

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.22

メタバース

2022/01/19 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ブロックチェーンゲーム×メタバースのSpaceY 2025が465万ドルの資金調達

ブロックチェーン技術を活用したサンドボックスゲーム「SpaceY 2025」を手がけるSpaceY 2025は2021年8月17日、個人投資家の主導で465万ドル(約5億1,000万円)の資金調達を実施したことを発表しました。調達した資金は同ゲームの開発資金に充てられるとのことです。

火星を舞台にしたサンドボックスタワーディフェンス「SpaceY 2025」

「SpaceY 2025」は火星を舞台にしたサンドボックスタワーディフェンスゲーム。プレイヤーはNFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)で紐づけられた土地や建物を購入し、領土の拡大や強化、防衛をすることができます。また、所有する土地やアイテムは売買することも可能です。

同ゲームは現在、早期アクセス版がローンチされています。正式版は2021年11月予定で、2022年にはSteam版およびモバイル版のリリースも予定しているとのことです。

今回の資金調達にあたり、SpaceY 2025の創業者兼CEOであるRobin Duan氏は次のように述べています。

「メタバースは従来のインターネットアーキテクチャ(TCP/IP)では成立しませんが、ERC-721とERC-1155のプロトコル(※ともにブロックチェーン技術に関する規格、編集部注)により、バーチャル世界での所有権が明確になります。『レディ・プレイヤー1』のオアシスや、『サイバーパンク2077』のサイバースペースが現実のものとなりつつあります」。

AR/VR分野でもブロックチェーン・NFTの利用が進む

NFTを含む、ブロックチェーン技術を利用したAR/VR分野のサービスや取り組み事例は他にも複数見られます。ファンドによる投資も行われるなど、この分野には引き続き注目が集まりそうです。

AR企業NexTechがNFTプラットフォームを計画中、NFTアートを3D化して鑑賞するアプリも | Mogura VR

AR企業NexTechがNFTプラットフォームを計画中、NFTアートを3D化して鑑賞するアプリも | Mogura VR

MoguraVR

NFTアートを展示するバーチャルギャラリーを展開するProvenonce、440万ドルの資金調達 | Mogura VR

NFTアートを展示するバーチャルギャラリーを展開するProvenonce、440万ドルの資金調達 | Mogura VR

MoguraVR

NFT×VRゲーム普及へ向け「Decentraland」やEpic Games出身者が参画、2,100万ドルを調達 | Mogura VR

NFT×VRゲーム普及へ向け「Decentraland」やEpic Games出身者が参画、2,100万ドルを調達 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Cointelegraph


【注目の記事】
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

【ドラクエウォーク】スマートウォークで新イベント「小さな島の大きな魔鳥」発表

2021/08/19 13:00 ドラクエウォーク

バーチャル渋谷で「学生スポーツフェスティバル2021」が開催!

2021/08/19 13:00 話題
VR/AR/MR 用語集