デイリーランキング

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

HoloLens 2、一部のデバイスで表示に問題か。マイクロソフトは「対応中」

業界動向

2020/01/19 11:30

渋谷PARCOのVR/AR展示、1ヶ月で25,000人を動員

業界動向

2020/01/17 19:30

「ARグラスのブレークスルーは2020年代」ザッカーバーグ語る、介護向けVRスタートアップの資金調達先に注目  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/20 10:04

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

モバイルVRで位置や手のトラッキングを実現する「NOLO」1,000万ドル調達

スマートフォンにポジショントラッキングとモーショントラッキングを実現するデバイス「NOLO」を開発するNolo VRは、シリーズAラウンドで1,000万ドル(約11億円)の資金調達を行いました。ソフト、ハード、プラットフォームの開発を進め、モバイルVRコンテンツのエコシステム構築を狙っていきます。

スマホVRでもルームスケールのVR実現

資金調達は米国のBlueRun Venturesが主導、ナイジェリアのLotus Capitalが参加しています。

Noloは資金調達により「ソフト、ハード、コンテンツプラットフォームの最適化を進める」、「早期にモバイルVRコンテンツプラットフォーム『Nolo Home』を正式リリースする」としています。

同社のデバイス「NOLO」は、Kickstarterでの資金調達をへて2017年7月にリリースされました。NOLOは、任意のスマホ用VRゴーグルにマウントするヘッドセットマーカー、1つのベースステーション、2つのハンドコントローラーで構成されるモーショントラッキングシステムです。マーカーを装着しどこか手近な場所にベースステーションを置くだけで、スマートフォンでのVR体験でも、まるでHTC Viveのように歩き回り、手を動かすことのできる「ルームスケール」のVRが実現できます。

またPiMax、Pico、ANTVRといった複数のデバイスメーカーが、NOLOのトラッキング技術を採用もしくはアタッチメントに対応しているとのこと。ANTVRが開発中で注目を集めている「MIX」のインサイドアウト方式のトラッキングは、NOLOがベースになっているとのこと。

モバイルVRコンテンツのエコシステム構築へ

Nolo VRの設立者でありCEOのDaoning Zhang氏によれば、1万人以上のユーザーがNOLOを購入したとのこと。

同氏は、「スマートフォンがPC市場に革命を起こしているように、モバイルVRも将来のトレンドになるでしょう」と話しています。また、「今回の資金調達を行い、我々は今後SteamVRやPlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)といった世界のVR企業に重点を置いていきます。そして、モバイルVR向けコンテンツの完全なエコシステムを構築したいと考えています」とも述べています。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


中国政府、VRの国内市場規模を明かす 産業振興政策を加速へ

2018/05/25 15:00 活用事例

バーチャルYouTuber「藍兎らび」継続不能に 運営引き継ぎ先を募集

2018/05/25 15:00 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集