デイリーランキング

フェイスブックの新VRデバイス「Rift S」49,800円で今春発売、HPも新たに「Reverb」発表 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/03/25 08:00

HTC、開発者向けに唇の動きをトラッキングするモジュールを発表

テック

2019/03/23 20:00

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

日本HP、MRヘッドセット発売 価格は約65,000円

株式会社日本HPは、MRヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset」の販売を開始しました。本日10月17日からの販売となります。価格は日本HPのオンラインストアHP Directplusにて、コントローラー付属で税込64,584円です。店頭での販売は11月下旬を予定。


MRヘッドセットは、マイクロソフトがWindows 10向けに提供する「Windows Mixed Reality」対応のデバイスです。視界をディスプレイで覆い、没入型のVR体験が可能なことから、Oculus RiftやHTC Vive、PlayStation VR等に近いタイプのデバイスです。

本日発売されたHPのMRヘッドセットは、黒色のシンプルなデザインが特徴。国内では8月にコントローラーを含まない開発者版(税込53,784円)が発売されています。

2017年10月17日は、コンシューマ向けMRヘッドセットの発売開始日です。これに伴ってか、富士通クライアントコンピューティング株式会社によるMRヘッドセットの発表や、デル株式会社のMRヘッドセット「Dell Visor」の先行予約開始など、MRヘッドセットの国内取り扱いに関する発表が相次いでいます。また、本日付けで日本エイサーがMRヘッドセットを発売しています。

主なスペックは以下の通りです。

対応OS

Windows 10
(「Windows 10 Fall Creators Update」アップデートが必要)

対応プラットフォーム

Windows Mixed Reality

ディスプレイ解像度

2.89インチ×2、1440×1440×2枚

リフレッシュレート

90Hz(最大)
※Windows Mixed Reality Ultra対応PCであれば90Hz、それ以外は最大60Hz

視野角

水平100度(最大)

音声出力/入力

コンボポート×1

(参考)
・プレスリリース
・HP Directplus 商品ページ 

(更新履歴)
2017/10/20/11:20……店頭販売開始日について追記

デルのMRヘッドセット「Dell Visor」予約開始、12月発売

2017/10/17 14:44 テック

『DEEMO』VR対応新作が発表 ティザー動画も公開

2017/10/17 14:44 PlayStation VR(PSVR)