デイリーランキング

新VRデバイス「VIVE Cosmos」予約販売開始、Oculusの技術トップが語るAR/VRの未来 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/09/17 08:00

VRヘッドセット「VIVE Cosmos」、指トラッキングをサポートか

VIVE

2019/09/17 19:36

OculusがVRの標準仕様「OpenXR」に対応、まずはPC向けから

業界動向

2019/09/18 19:30

MRデバイス「Magic Leap One」とは? 価格や購入方法など最新情報まとめ【2019年9月版】

AR/MR

2019/09/18 20:00

NTTドコモが5Gプレサービス開始、MRデバイスMagic Leap Oneの展示も

業界動向

2019/09/18 12:34

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

JAL、VR活用の遠隔操作ロボットを開発 羽田空港で案内業務実施

日本航空株式会社(JAL)は、株式会社インディ・アソシエイツのVR技術を用いた遠隔操作ロボットをベースに、空港での活用を想定したアバターロボット「JET(ジェット)」を開発しました。

JETはWi-Fi通信を利用した人型の遠隔操作ロボットです。操作者はVRヘッドセットを装着し、ロボットの移動や腕と顔を動かすことによる感情表現、ロボットを介した利用者との音声通話を行うことができます。

JALは、2019年4月22日から4月24日までの期間中、羽田空港にてJETによる利用者の案内業務のトライアルを実施。空港スタッフの代わりに利用客を案内します。本トライアルは、ロボットの試験導入の経験を持つ日本空港ビルデング株式会社「Haneda Robotics Lab」の協力のもと行われます。

2020年から一部実用化を目指す

JALは、国内外の空港でさまざまな案内業務を想定したトライアルを実施し、JETの活用方法を検証。それに加えて、操作性の向上や案内業務以外への活用を目的とした機能強化を行い、2020年からの一部実用化を目指す、としています。

JALは「この技術を活用することで、出産、子育て、介護などにより在宅勤務を行う社員が遠隔で業務を行うことも可能となることから、お客さまへのサービス品質向上とともに社員の働きやすい環境づくりにも貢献できる技術として検証を進めていく」とコメントしています。

VRを活用した遠隔操作ロボットについての記事は、以下から読むことができます。

VRで宇宙作業ロボットを遠隔操作、GITAIがプロトタイプ開発

VRで宇宙作業ロボットを遠隔操作、GITAIがプロトタイプ開発

MoguraVR

ドコモとトヨタ、ロボットのVR遠隔制御に成功 5G駆使

ドコモとトヨタ、ロボットのVR遠隔制御に成功 5G駆使

MoguraVR

VRで"二人羽織"、遠隔作業支援ロボット 東大・慶応大開発

VRで"二人羽織"、遠隔作業支援ロボット 東大・慶応大開発

MoguraVR

(参考)日本航空株式会社 プレスリリース


VTuberライブ配信サービス「Colon:」がニコニコ超会議2019に出展 バーチャルシンガーYuNiも登場

2019/04/23 18:00 VTuber 最新ニュース一覧

2人ペアで絶叫できるホラーVR「怨念病棟」がGW期間限定オープン、徳島にて

2019/04/23 18:00 イベント情報

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集