デイリーランキング

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

カヤック、2018年決算を発表 「VR SPARC」への投資継続

業界動向

2019/02/18 17:35

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

持ち運べるVRモーションチェア、Kickstarerで目標額達成

ハンガリーのスタートアップIntelisense(インテリセンス)は、VRモーションチェア「Yaw VR」のクラウドファンディングが、目標額である15万ドル(約1,600万円)に到達したことを明らかにしました。支援者への製品の発送は2018年の8月に行われる予定です。

よりリアルなVR体験

「Yaw VR」はVRゲームなどをプレイしている際に、前後左右に傾いたり回転したりすることで、よりリアルなVR体験が行うことができるデバイスです。360度の水平回転と50度の上下回転が可能であり、先日140万ドル(約1.5億円)を調達したモーションチェア「Voyager」の360度の水平回転、35度の上下回転よりも可動域が広い設計となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=G60vmpaIhV4

コンパクトで持ち運びも可能

同社はYaw VRを「世界で最もコンパクトなVRモーションシミュレータ」だとアピールしており、使用しない時には折りたたむことも可能です。折りたたんだ時の直径は約74センチメートル、高さは約38センチメートル、重さは約15キロほどなので、自家用車などで簡単に移動させることもできます。

「Yaw VR」のクラウドファンディングは大手クラウドファンディングサイト「Kickstarter」上で行われており、締め切りである2月24日まで2週間を残しての目標達成となりました。目標額には到達しましたが、クラウドファンディングは締め切りにあたる2月24日まで継続され、1,190ドル(約12万円)の「スタンダード・エディション」と、筐体の色を選べる1,340ドル(約15万円)の「スペシャル・エディション」の2種類が申し込み可能です。また支援者への製品発送は、2018年8月に行わる予定です。

(Kickstarter『Yaw VR』のページ)
https://www.kickstarter.com/projects/346206518/yaw-vr-compact-portable-motion-simulator

(参考)
Compact Motion Simulator ‘Yaw VR’ Reaches Kickstarter Funding Goal – Road to VR https://www.roadtovr.com/portable-motion-simulator-yaw-vr-launches-kickstarter/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

【レビュー】マルチビューとスタビの効いた動画で楽しみの幅が広がった360度カメラInsta360 Nano S

2018/02/09 12:15 テック

ウォルマート、VRスタートアップを買収 新しいECの可能性を追求

2018/02/09 12:15 ビジネス活用事例