デイリーランキング

他国の博物館をVRで“歩く” フォトグラメトリーで可能になる再現

ビジネス活用事例

2019/03/18 12:03

「任天堂のVR」発売への軌跡を辿る、アップルのARデバイスは年内量産開始? ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/03/18 08:00

そうめんを食べるとラーメンや焼きそばの味 ARで錯覚を引き起こす

テック

2019/03/17 11:30

GoogleのVR映像制作チームが解散、6年を超える活動に終止符

業界動向

2019/03/16 12:00

任天堂がついにVRへ、「Nintendo Labo: VR Kit」4月12日発売 ニンテンドースイッチでVR体験

VR

2019/03/07 11:42

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR3Dモデリングツールの米企業、ワコム等から170万ドル調達

VR向け3Dモデリングツールを開発する「グラビティ・スケッチ(Gravity Sketch)」が、シード投資により170万ドル(1億8,000万円)を調達したことが明らかとなりました。今回の調達にはペンタブレットやCAD関連製品で広く知られている企業、ワコムも出資しています。

3Dモデルを簡単に構築

「グラビティ・スケッチ」はVRヘッドセットとコントローラーを利用し、ユーザーが簡単に・素早く3Dモデルを制作できるツールです。グーグルが提供しているVRお絵かきアプリ「Tilt Brush」と近い機能を持っていますが、大きな特徴は「車、靴、建物などのモノを設計することに強みを持っている」という点にあります。

CADを補充する設計ツールを目指す

「グラビティ・スケッチ」は、「Tilt Brush」のようなポジションではなく、建築業界などで設計に使われているCADを補完するツールを目指していく姿勢を明らかにしています。同社は「従来のCADに搭載されているような設計を補助するシステムを搭載しつつ、VRで3次元的に見ることで、設計者の能力を引き出すことができる」として、自信を覗かせました。市場からも、主にエンタープライズ向けの利用で大きく期待されています。

2018年2月現在、「グラビティ・スケッチ」はコンテンツ配信プラットフォーム「Steam」で早期アクセス版が公開されおり、今回の資金調達でさらなる改善・改良が見込まれます。

(公式ページ)
https://www.gravitysketch.com/

(参考)
VR Design Tool ‘Gravity Sketch’ Raises $1.7 Million With Participation from Wacom https://www.roadtovr.com/gravity-sketch-vr-design-tool-seed-investment-wacom/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

友人とVRでスポーツ観戦を 米企業が10億円調達 拡大目指す

2018/02/19 15:00 ビジネス活用事例

最大25億ピクセル、日本の観光地を360度見渡せるサービス公開

2018/02/19 15:00 VR動画