デイリーランキング

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

レノボ、新一体型VRヘッドセットを発表 学校教育プログラム向けに

業界動向

2020/01/20 19:30

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

「ARグラスのブレークスルーは2020年代」ザッカーバーグ語る、介護向けVRスタートアップの資金調達先に注目  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/20 10:04

HoloLens 2、一部のデバイスで表示に問題か。マイクロソフトは「対応中」

業界動向

2020/01/19 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

LogitechのVR専用ペン「VR Ink」予約開始、価格は750ドル

Logitech International S.A.(以下Logitech)のペン型デバイス「Logitech VR Ink Pilot Edition」が予約受付を開始しました。 価格は750ドル(約81,000円)です。本デバイスはVRヘッドセットと組み合わせて使用し、VR内で直感的な2D/3Dデザインを可能とします。

スムーズな操作を実現

「Logitech VR Ink Pilot Edition」はVR内でデザインを行うためのデバイスです。通常のペンのような形状のため、モーションコントローラーと比較して直感的な操作を特長とします。主に3Dモデル制作ツール「Gravity Sketch」やVRペイントツール「Tilt Brush」といったアプリケーションでの使用を想定。HTC VIVE、Vive Pro、ValveのIndex、Varjoの各ヘッドセットに対応し、SteamVR 2.0のトラッキングシステムを使用します。

(Logitechは「デバイスに慣れるまでの時間を削減でき、タスクをスムーズに進められる」とコメントした)

出荷は2020年2月

公式ウェブサイトにはVR Inkを実際に試した企業の声が掲載されており、自動車メーカーのアウディは「VR Inkは2Dと3Dのハイブリッドワークフローを実現します。これは、設計におけるVR導入を加速する完璧なソリューションと言えそうです」とその効果を語っています。

プレオーダーの受付はこちらから。数量限定で、出荷は2020年2月を予定しています。

主なスペック

サイズ

232 mm x 64 mm x 42 mm

重量

68.0 g

バッテリー寿命

2.5時間~(USB充電)

接続

2.4 GHzワイヤレスまたはマイクロUSB

トラッキング

SteamVR 2.0(SteamVR 1.0/2.0のベースステーションに対応、推奨は2.0)

対応ヘッドセット

・HTC VIVE
・Vive Pro
・Varjo
・Valve Index

パイロット版内容

・VR Ink Stylus
・カスタマイズ用ソフトウェア

価格

750ドル

ペン型デバイスの事例

VR内で描画できるペン型のデバイスは、日本のワコム等が開発を行っています。

ワコムやLogitechに続け、"VRで描けるペン"が予約開始 期間限定で半額 | Mogura VR

ワコムやLogitechに続け、"VRで描けるペン"が予約開始 期間限定で半額 | Mogura VR

MoguraVR

2Dで描いて3Dモデルに ワコムが"VRで描く"ペンを開発中 | Mogura VR

2Dで描いて3Dモデルに ワコムが"VRで描く"ペンを開発中 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Logitech


「スター・ウォーズ」×ARでオリジナルアイテムを製作 H&M原宿店が実施

2019/12/12 12:30 話題

にじさんじドーラが推しユニット「まりなす(仮)」と3Dコラボ!

2019/12/12 12:30 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA