デイリーランキング

VR活用で通勤時間ゼロ、家を仕事場化する「ポータル」開発開始

テック

2020/01/21 19:00

レノボ、新一体型VRヘッドセットを発表 学校教育プログラム向けに

業界動向

2020/01/20 19:30

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

バーチャルで音楽フェスや狂言を鑑賞、VR展示空間が初公開

業界動向

2020/01/21 11:30

2019年のVRヘッドセット出荷、約半数は一体型に。Oculus Questの影響大か

統計・データ

2020/01/22 12:00 New

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ハンドトラッキング時代のブラウザはどうなる? 英企業がコンセプト公開

イギリスのハプティクス企業Ultraleap(旧名UltraHaptics)は、VRやARでの使用を想定した新ブラウザのデザインコンセプト「Stems」を自社のTwitterで発表しました。

Ultraleapは2013年に創業された企業。超音波を使い、触れずに触感を得る「空中ハプティクス」技術で知られています。2019年5月にはハンドトラッキング関連技術で知られるLeap Motionを買収、9月に社名を現在のUltraleapに改名しました。

ハンドトラッキング時代のブラウザはどうなる?

Twitterでの発表によれば、「Stems」は未来のVR/AR関連OSの基礎となることがイメージされているとのこと。公開された映像からは、空中に表示された「Stems」のコンセプト書を、手を使って直接スクロールさせる様子や、ティーポットを回転させ色を変更する動作が確認できます。

新時代のブラウザとなり得るか

今後はUltraleapのみならず、様々な企業がハンドトラッキングを想定したブラウザなどを開発していくと思われます。これまでのVR/AR/MRデバイスは、コントローラーで操作するものが主流を占めており、ブラウザはコントローラーでの使用を想定してデザインされていました。しかし2019年現在、HoloLens 2やOculus Quest(オキュラス クエスト)など、精密かつ多くの指をトラッキング可能なデバイスが増えつつあります。

ハンドトラッキングでの操作は、今回「Stems」が示したように、直感的な入力が行えます。最適化が進めば、コントローラー操作よりも入力速度が向上することも期待されます。「Stems」を含む、“ハンドトラッキング対応ブラウザ”分野が今後どう発展を遂げていくのか、注目していきたいところです。

ハンドトラッキングのLeap Motionが「Ultraleap」に。 "大きな前進を象徴" | Mogura VR

ハンドトラッキングのLeap Motionが「Ultraleap」に。 "大きな前進を象徴" | Mogura VR

MoguraVR

ハンドトラッキングのLeap Motion、イギリスのハプティクス企業に買収 | Mogura VR

ハンドトラッキングのLeap Motion、イギリスのハプティクス企業に買収 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Twitter


フェイスブックのVRサービス「Horizon」、Facebookアカウント必須に

2019/12/13 12:00 ゲーム・アプリ

メガネそのままな新スマートグラス「Focals 2.0」、2020年発売

2019/12/13 12:00 AR/MR
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集