デイリーランキング

iPad Proで測量時間を短縮、建設・土木現場向けアプリが提供開始

活用事例

2020/08/07 19:30

Steamの月例VRデバイス調査が発表、VALVE INDEXの利用率はOculus Rift超えに

統計・データ

2020/08/07 11:30

誰でも参加・発表可能なVR展示交流会、日本VR学会が9月16日より開催

セミナー・カンファ

2020/08/07 18:40

ARで新たなショッピング体験、サッポロ不動産開発が「バーチャル店舗」

活用事例

2020/08/07 20:00

リコーがスマートグラス開発、重さは「一般的なメガネ程度」に

業界動向

2020/08/03 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

『Tilt Brush』がアップデート 『Blocks』で製作した3Dモデルを読み込み

グーグルが開発、提供するVRペイントツール『Tilt Brush』が9月8日にアップデート、アイコンの位置やツールの動作などに改良が加えられた他にも、いくつかの新機能が登場しました。

Blocksの3DモデルがTilt Brushで使用可能に

今回のアップデートによって追加された機能の一つに、同じくグーグルが提供しているVRモデリングソフトである『Blocks』で製作した3Dモデルを、Tilt Brushで読み込める機能があります。

『Blocks』は今年7月にグーグルがリリースしたアプリで、バーチャル空間で3Dモデルを構築することができます。Tilt Brushではコントローラーを絵筆として操作して、バーチャル空間でスケッチを描く要領で絵を描けますが、Blocksではシンプルな形状をドラッグ・アンド・ドロップで組み合わせることで3Dモデルを組み上げていきます。両者ともシンプルな操作性が特徴的で、プロ・アマチュア問わず様々な年代の人が使用できます。

今回のアップデートによって、『Blocks』で製作したデータをTilt Brushで読み込むことが可能になりました。現在Google VRのウェブサイトでは様々なクリエイターがBlocksを用いて製作した3Dモデルが公開されていますが、それぞれの3DモデルのLikeボタンを押すと、TIlt Brushのライブラリにインポートされる仕組みです。

この他にも複数の新機能が追加され、たとえば”Selection”ツールではTilt Brushで描いた筆跡やモデルを素早く複製することが可能。”Quick Tool”メニューでは、ツールを切り替える際にパレットに戻る必要がなく、ツールの切り替えを素早く行えるようになり、機能面において改善が加えられています。

(参考)
UploadVR / Tilt Brush Gets Blocks Integration And More With New Update(英語)
https://uploadvr.com/tilt-brush-gets-blocks-integration-new-update/


Acer、MRヘッドセットの製品版、ヘッドバンドなどデザイン改良

2017/09/11 12:00 活用事例

スポーツ用品のミズノが協力 「VRスポーツゲーム」が東京ゲームショウで展示

2017/09/11 12:00 イベント情報