デイリーランキング

株式会社CyberVが解散……複数のVTuberを稼働するシステムなど運用

業界動向

2020/07/07 18:53

HoloLens 2を活用した建設業界向けソリューション、日本マイクロソフトら3社が開発

活用事例

2020/07/06 19:31

Oculus Questの使用率がさらに増加 Steam、VRデバイス利用状況調査

統計・データ

2020/07/05 19:30

VR体験施設「The VOID」からスターウォーズが消える? 米ディズニー店舗が契約違反か

業界動向

2020/07/06 18:30

フェイスブックが“VRグラス”の研究成果公開、グーグルがスマートグラス企業を買収 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/07/06 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

まるで人工皮膚のよう。VRでよりリアルな触覚を生み出す研究が進行中

VRでの体験をリアルにする要素の一つに「触覚」があります。スイスの研究者らは、既存の触覚フィードバックデバイスよりも一層リアルな触感を得られる、新たな技術を発表しました。極薄の皮膜を使用しており、VR/ARにも応用できるデバイス化を目指します。

皮膜とアクチュエータを組み合わせ

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究者らがジャーナル”Soft Robotics”に投稿したのは、皮膚のような素材に関する論文。わずか500ナノメートルという極薄で伸縮性のある素材と空気圧アクチュエータを組み合わせ、空気圧で膨張した膜により、触覚フィードバックを作り出すとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=Cv2ha_Fmliw

送り込む空気圧を調整することで、様々な強さ・頻度の触覚を引き起こせます。皮膜には電極付きのセンサーが搭載され、膜の動きをトラッキング。データをコントローラー部分にフィードバックし、触覚を制御するという仕組みになっています。皮膜素材は実寸の4倍まで伸長可能、耐用回数は100万サイクルほどです。

医療やAR/VRで活用

論文筆頭著者のHarshal Sonar氏は、「我々は初めて、センサーとアクチュエータを組み合わせた人工皮膚の開発に成功しました」と述べています。こうした正確な触覚の再現は、医療分野で患者の深部感覚をテストするといった用途のウェアラブルアプリケーションとして理想的だ、とコメントしました。

そして、「次のステップは、リハビリやVR/ARのアプリケーション向けにウェアラブルの試作品を開発することです」と論文は続けています。デバイスの製品化については言及されていませんが、このような技術がより成熟すれば、VR体験はより一段階深いものとなることでしょう。

触覚に関わる研究は、フェイスブックのようなVR関連大手企業はもちろん、日本の研究機関でも盛んに行われています。Mogura VR Newsでは、触覚研究の例を下記の記事にて紹介しています。

VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート | Mogura VR

VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート | Mogura VR

MoguraVR

VR触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」が提供開始。その進化具合をレポート! | Mogura VR

VR触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」が提供開始。その進化具合をレポート! | Mogura VR

MoguraVR

VRで違和感のない触覚を実現するために フェイスブックが研究状況を公開 | Mogura VR

VRで違和感のない触覚を実現するために フェイスブックが研究状況を公開 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


Boseの“聴くARグラス”が国内発売、税込27,500円

2019/10/03 19:30 業界動向

ARでブルーノ・マーズが出現 スナップチャットが歌手やラッパーとコラボ

2019/10/03 19:30 AR/MR