デイリーランキング

スマホをかざしてARで測量を簡単に 大林組も社内標準として導入

活用事例

2019/10/16 11:02

VR内を歩けるデバイス「KAT WALK」、国内代理店がオープン

テック

2019/10/16 18:30

KDDI、直営店にMRグラス「NrealLight」の体験コーナー

AR/MR

2019/10/16 11:31

“PS5”は2020年末発売、フェイスブックのソーシャルVR「Horizon」独占取材 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/10/15 08:00

日立グループ企業ら、屋外環境でも使えるメガネ型HMD開発・販売へ

業界動向

2019/10/16 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

現実世界のコピーを作成 英企業がテンセントから約11億円の資金調達 

英国のIT企業SenSatは、中国の大手IT企業テンセントやベンチャー投資企業からシリーズAで1,000万ドル(約11億円)の資金調達を実施しました。

インフラ分野はまだデジタル化が進んでいない

世界経済が今の成長速度を維持するには2040年までに約94兆ドル(約1京円)ものインフラ投資が必要とされていますが、インフラは世界的にもっともデジタル化が進んでいない分野のひとつ。もし現実に存在する世界全体をデジタル化できれば、ビルや橋、トンネルなどの建築物を要する大規模なインフラ事業計画の改善につながります。

AIを使用して現実世界をデジタル化

SenSatの提供する「Mapp」は、AIを使用して現実世界の“デジタルコピー”を作ることができるサービスです。ロケーションデータをデジタル化することにより、大規模なインフラ計画でも十分な情報を元に意思決定ができるだけでなく、安全性・コスト効率・建築にともなう廃棄物の問題、プロジェクト内の協力関係などが改善されます。

今回の資金調達に関して、出資元であるテンセントホールディングスのチーフヨーロッパ代表、Ling Ge博士は「SenSatのサービスがスマート産業の普及拡大に役立つことを楽しみにしています」と、同社への期待を語りました。

Mappの活用で現場での作業時間を大幅に短縮

Mappは現在30を超える国際インフラ企業が使用しています。その一例として、英国のとある洋上風力発電プロジェクトでは52kmの地下送電線をデジタルデータ化。その結果、現場での作業時間を200%短縮しています。

半導体大手クアルコムと中国ゲーム最大手のテンセントが提携、AR/VRゲームを開発か

半導体大手クアルコムと中国ゲーム最大手のテンセントが提携、AR/VRゲームを開発か

MoguraVR

中国テンセント、VR含むハリウッドのコンテンツを中国市場に展開へ

中国テンセント、VR含むハリウッドのコンテンツを中国市場に展開へ

MoguraVR

(参考)TechCrunch


WIREDやVOGUEのコンデナスト、バーチャルモデル事務所と提携

2019/10/07 18:00 話題

Project A.I.Dが声明発表 活動目的や“友人4名”について

2019/10/07 18:00 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集