デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」

業界動向

2020/02/10 12:00 Sponsored

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

半導体大手クアルコムと中国ゲーム最大手のテンセントが提携、AR/VRゲームを開発か

2019年7月29日、アメリカの半導体大手クアルコムは、中国のゲーム企業最大手であるテンセントゲームズとの提携を発表しました。両社は複数分野で共同事業を進める見通しで、クアルコム製プロセッサ「Snapdragon」を搭載した5G対応のモバイルゲーム機開発、5Gゲーミング、そしてAR/VR関連の研究に取り組んでゆくとのこと。

クアルコムのプレスリリースには「5Gアプリの出現により、モバイルゲームの展望は永遠に変わるでしょう――リアルタイムかつ没入型のゲームが、より早くパワフルなものへと変わるにつれて。」という文言が記載。両社のAR/VR関連研究は現状未公表ですが、今回発表された「新型モバイルゲーム機」に関連するプロジェクトである可能性が高いと思われます。

関係者のコメント

今回の両社の提携について、クアルコム・チャイナの会長Frank Meng氏は以下のようにコメントしています。

過去30年間の技術蓄積をもって、我々はゲーム界隈の新たな案内役となります。5Gを導入したモバイルゲームは、近い将来この次世代規格にとってアドバンテージとなるでしょう。より早く、より広い帯域幅を有し、非常に低いレイテンシがリアルタイムでサポートするマルチプレイヤー形式の没入型体験です。我々は、世界規模でゲームを変化させより豊かにするテンセントとの提携を喜ばしく思っています。

(参考)プレスリリース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

任天堂の「進め!キノピオ隊長」がVR対応、Nintendo Switch Online加入者は期間限定で無料

2019/07/30 18:15 ゲーム・アプリ

【PSVR】「キングダムハーツVR」がアップデート、トワイライトタウンなどが追加

2019/07/30 18:15 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集