デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.12

メタバース

2021/12/01 11:44

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

地球全体のデジタルツイン開発のblackshark.ai、2,000万ドルを調達

投資

2021/12/02 11:35

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ゼンハイザーら、VRでの立体音響実験を開始 ビジネス・エンタメに活用  

音響機器メーカーであるゼンハイザージャパン株式会社とVRソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc.(ディヴァース)は共同で、VR空間における立体音響に関する実証実験を開始しました。

本実験は不動産における室内音響の再現や、コンテンツ開発におけるハイエンドな音響演出などといった、ビジネス分野とエンタテインメント分野での利用を想定しているとのことです。


両社はVR空間において臨場感・没入感を高める要素として「視覚」の次に重要なものを、「聴覚」「触覚」としています。その中から「聴覚」にフォーカスして、VR空間の立体音響シミュレーションの可能性を広げるために本実証実験を開始しました。

両社の技術でVR空間内の立体音響を研究


『SYMMETRY』体験画像

実証実験『PROJECT OMNIVERSE(プロジェクト オムニヴァース)』は、VR空間の建築データに対し、まるでその場にいるかのような立体音響を再現可能にするシミュレーションや、VRコンテンツの臨場感・没入感を向上を目指すものとなっています。

ディヴァースのVR空間内でアイデアやデザインの共有が行えるVRツール『SYMMETRY(シンメトリー)』と、ゼンハイザーの空間全体の音場を再現する音響技術「Ambisonics(アンビソニックス)」を利用して実験を行うことです。

また、収録された環境音を再現するだけではなく、新たな音源の追加・加工などにより、VR空間に最適化された立体音響の開発も行うとのこと。

(参考)
VRソフトウェア開発のディヴァース、ゼンハイザーと共同でVR空間での立体音響シミュレーションの実証実験を開始 / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000014483.html


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

Oculus、開発者キットDK2をオープンソース化

2017/10/12 17:00 Oculus Rift 最新情報

SteamVR新型ベースステーション、10m四方までプレイ可能に

2017/10/12 17:00 テック