デイリーランキング

Unityと現代自動車が提携、工場運営のデジタルツイン「メタファクトリー」の構築へ

業界動向

2022/01/17 12:00

2021年のVR/ARヘッドセット出荷は1,000万台に到達か、クアルコムがマイクロソフトと協業など ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2022/01/17 11:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.21

メタバース

2022/01/14 14:55

ビル・ゲイツ氏「2、3年以内にオンライン会議の大半がメタバースに移行」と予測

業界動向

2021/12/13 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ビジネス活用に朗報 ファイルを開くだけで3DデータをVRに出すツール『SYMMETRY alpha』無料公開


VRでは、これまでモニターの中で眺めていた3DCGを現実に呼び出したかのような感覚で“体験する”ことができます。スケール感も自由自在に変えることができるため、建設前のビルを模型のように見下ろしてから、実際に中を歩いてみたり、実寸サイズの巨大怪獣を見上げることもできます。

“3DCGをVRで体験できる”と一口に言っても、これまでは、実際には元々存在する3DデータをVR向けに変換する必要がありました。モデルデータをUnity等のゲームエンジンに統合してVRで観る、といった具合に手間か費用がかかります。

2月14日、日本のVRスタートアップDVERSE(ディヴァース)は、3Dデータを手軽にVR化して体感できる無料ツール『シンメトリーアルファ』を公開しました。

必要なのは、“ファイルを開くだけ”

『シンメトリーアルファ』では、PC向けVRヘッドマウントディスプレイHTC Viveを装着し、PCに保存されている3Dモデルのskp形式ファイルを読み込むだけで、VR空間内にモデルを呼び出すことが可能になります。

https://www.youtube.com/watch?v=GS0iqunTRCs

ミドルウェア等は必要とせず、「ファイルを開くだけ」で3DデータをVRに呼び出して体験することができるため、手軽にVR化が可能になります。


VRでファイルを選択


ジオラマのように見下ろすモードと、その中に原寸大で入り、歩き回るモードの2種類が利用可能。

好きな角度からの写真撮影やメモなどの機能も

VRの“Adobe Acrobat リーダー”

『シンメトリーアルファ』は、主に建築、土木業界向けとされており、VR技術を利用して「設計/施工/販売/保守に関わるあらゆるステークホルダー間のコミュニケーション効率を最大化し、迅速な合意形成を強力に支援」するとしています。

特殊な技術や有償のツールを使うことなく、3DモデルをVRで体験できるようになったことで、VRでの体験がぐっと身近になります。

「VRの“Adobe Acrobat リーダー”を目指している」と語るのはディヴァースCEO沼倉正吾氏。ビジネスでの活用だけでなく、普遍的に使えるツールとしてエンタメ用途でも利用できるとしています。3Dモデルのskpデータはウェブ上に無数に公開されています。拾ってきたデータに入ってみるだけでも楽しいのではないでしょうか。

今回公開された『シンメトリーアルファ』は、読み込み専用ですが、ディヴァースは読み込んだシーンを編集するエディターも、用途別に制作しているとのこと。さらなる展開に期待です。

『シンメトリーアルファ』は、HTC Viveに対応。Steamにて無料公開されています。


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

ジャパンディスプレイ、AR等へ使用できる高透過率の透明ディスプレイ発表

2017/02/14 18:00 テック

ソニーミュージック、体感型VRコンテンツを展開へ 有名制作会社ハシラスと提携

2017/02/14 18:00 活用事例