デイリーランキング

話題の新VRデバイス「Oculus Quest 2」の実力や開発Tipsを語る、オンラインセミナーが11月2日開催

セミナー

2020/10/14 12:02

足踏みするだけでVR内歩行ができる「WalkOVR」登場、クラウドファンディング中

テック

2019/05/24 18:30

米MicroVision、わずか4.4gのスマートグラス用ディスプレイモジュールを開発

テック

2020/10/15 19:00

VRで歩くサンダル型デバイス「Cybershoes」再びクラウドファンディング開始

テック

2019/02/06 19:30

ディズニーが新たなVR関連特許を出願、今度は「船」での使用想定か

テック

2020/10/16 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

街中でARを同期させる GPS超えの位置情報技術、開発進む

イギリスのスタートアップScape Technologiesは、自社のソフトウェア開発キット「ScapeKit」を用いたアプリ開発のハッカソンを開催しました。Spacekitは、スマホカメラの撮影画像を利用し、現実世界に正確にARコンテンツを配置することを謳う技術です。

Scape TechnologiesはAR向けの位置特定サービスを提供しています。GPSではなく、ユーザーがスマホカメラで撮影した画像を利用して場所を特定するのが特長です。最大でセンチメートル単位の精度を有する位置特定サービスの開発を進めています。

cm単位の位置特定技術を開発中のARスタートアップ、約9億円を資金調達 | Mogura VR

cm単位の位置特定技術を開発中のARスタートアップ、約9億円を資金調達 | Mogura VR

MoguraVR

現実世界に正確にARを配置

同社のソフトウェア開発キット「ScapeKit」を用いると、現実世界に恒久的にAR画像を置くことができます。たとえばスマートフォン向けゲーム「Pokémon GO(ポケモンGO)」であれば、任意の地点(ある道の角など詳細な場所)を指定し、ポケモンを配置。通りかかったプレイヤーは捕獲することができるようになるかもしれません。

ドローン配送向けアプリなどが受賞

https://www.youtube.com/watch?v=Og9gaqojPrs

今回開催したハッカソンでは、この「ScapeKit」を使ったアプリ開発を競わせました。参加者投票ではXradというチームが受賞。同チームは、WebVRを用い現実世界を再現するアプリを提案しました。空間には好みのARコンテンツを配置することができ、実際の場所に行くとスマホなどを通してそのARが確認可能です。ビジュアル化や、広告キャンペーンへの活用が考えられます。

また審査員の投票では、Initionが受賞しました。チームが提案したのは、ドローン配送サービス向けのアプリです。賞金として、両チームには500ポンドが贈呈されました。

AR活用には、高精度の位置情報が鍵の一つとなっています。

AR関連技術のKudan、ゼンリンデータと提携 高精度の位置情報活用 | Mogura VR

AR関連技術のKudan、ゼンリンデータと提携 高精度の位置情報活用 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR


アイドル部カルロ・ピノの著書「ぴのらぼ おいしい虫さんたち」が重版決定!

2019/04/03 11:35 VTuber 最新ニュース一覧

VTuberによる接客販売、2週連続で実践導入

2019/04/03 11:35 VTuber利活用