デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR関連技術のKudan、ゼンリンデータと提携 高精度の位置情報活用

コンピュータビジョン技術を提供するKudan株式会社と、地図データの株式会社ゼンリンデータコムは、業務・資本提携を発表しました。ゼンリンデータコムが持つナビゲーションや屋内外動態管理などのソリューションと、Kudanの「KudanSLAM」を組み合わせ、相互補完的に事業の拡大を目指すとしています。

「KudanSLAM」とは

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)とは デバイスが空間・立体把握をする上で最も重要な技術の一つ。ロボットの自律制御、ナビゲーション、モバイル端末によるARの実現に必要な、3次元位置推定を行う画像認識技術です。

Kudanの独自技術「KudanSLAM」は、あらゆるハードやセンサと柔軟な統合が可能です。幅広くARやVR、自動運転、ドローン、ロボティクス、IoTデバイスへ3次元位置情報を提供します。これにより、横断的な技術インフラとなることが期待されます。

【Unite2017】無償利用も可能なARエンジン「Kudan」とは?実演も行われた講演を紹介 | Mogura VR

【Unite2017】無償利用も可能なARエンジン「Kudan」とは?実演も行われた講演を紹介 | Mogura VR

MoguraVR

誤差数センチで位置を把握

ゼンリンデータコムは、KudanSLAMを利用することで、GPSやビーコンなどの利用が不要となります。代わりに汎用的なカメラなどの画像を用いて、自己位置をより精度が高く、かつ瞬時に把握することが可能になります。対象物との距離が10メートルの場合、想定される誤差は数センチメートル。これによって、屋外・屋内に関わらず、位置に基づいた情報提供や作業指示などが、より正確になります。

一方Kudanは、ゼンリンデータコムと組む事により地図及び位置情報のソリューション分野で事業を拡大することを想定しています。

Kudanはこれまでにも、LINEや博報堂などとの提携を発表しています。

博報堂、VR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」設立 | Mogura VR

博報堂、VR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」設立 | Mogura VR

MoguraVR

画像認識で不良品を選別 Kudan、AR等の活用でFCS社と提携 | Mogura VR

画像認識で不良品を選別 Kudan、AR等の活用でFCS社と提携 | Mogura VR

MoguraVR

LINEとKudanが業務提携を実施 スマホ向けカメラアプリ『B612』AR機能強化へ | Mogura VR

LINEとKudanが業務提携を実施 スマホ向けカメラアプリ『B612』AR機能強化へ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社ゼンリンデータコムニュースリリース


VRを使ったリフォーム情報サイトがオープン、360度で室内をチェック

2018/07/06 13:00 シミュレーション・接客

飛行機内を360度閲覧し座席予約 エミレーツ航空が導入 VR対応も

2018/07/06 13:00 シミュレーション・接客
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集