デイリーランキング

MRデバイス「Magic Leap 2」が正式発表、HTCの新VRヘッドセット「VIVE Flow」登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/10/18 08:00

クラスターが「メタバースを再定義する」カンファレンスを開催、大規模アップデートも発表 11月1日に

セミナー

2021/10/15 20:00

フェイスブック幹部らが相次いで新型VRヘッドセットの写真を投稿。Facebook Connectに向けたティザーか

業界動向

2021/10/14 12:10

Magic Leap 2が正式発表、小型軽量で縦に視野角広く さらに追加で5億ドルを調達

業界動向

2021/10/12 10:46

バーチャルキャラクターサービスのMOSHBIT.が調達。累計2.3億円に

投資

2021/10/15 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRゲームの開発を進めるReload Studios、ゲーム以外へVRを活かすためのチームを立ち上げ

VR向けFPS『World War Toons』の開発を進めているアメリカのインディデベロッパーReload Studiosは、BtoB向けのサービスとコンテンツ開発のためのチームを発足させました。

Reload Studiosは、世界的に有名なFPSシリーズ『コールオブデューティー』のクリエイターやディズニーのアニメーターらが結成したVR専門の制作会社です。『World War Toons』はOculus Rift、Project Morpheus向けに開発が進められているFPSで、酔わず、快適に、マルチプレイヤーで対戦が楽しめるゲームを目指しています。

https://www.youtube.com/watch?v=_SoDKhvIQlo

今回社内に立ち上げられたチームは、BtoBのクライアント向けにサービスを行うための部門とのこと。既にVRでアートをより身近なものにすることを目指している「WoofbertVR」とのプロジェクトを進めています。WoofbertVRとの最初のコンテンツは、VR上に再現された上質な美術館を訪れるというもの、先週ドイツで開催されたIFA2015にて展示されました。このコンテンツでは、ロンドンにある「Courtauld Gallery’s Wolfson Room」というギャラリーの展示室を再現し、マネやモネといったアーティストの作品を見ることができます。

ifa_screenshot2_960

Reload Studiosの共同創設者James Chung氏は、蓄積されてきたVRコンテンツ開発に関する膨大な知見がゲーム以外の分野の課題解決にも活かせる、とコメントしています。WoofbertVRのアプリは新たな展示室も加わって数ヶ月以内に配信されるとのこと。

今回のReload Studiosの新たな展開は、VRを軸にゲーム開発だけでなく様々な分野に知見を活かしていくという、VR開発チームの展開の可能性を示唆しているとも言えます。

(参考)
Reload Studios / RELOAD STUDIOS LAUNCHES NEW VR LAB
http://reload-studios.com/reload-studios-launches-new-vr-lab/


【CEDEC2015】VRを軸にしたアニメとゲームの業界連携。「アクエリオン」のVRコンテンツに挑んだアニメ会社の挑戦

2015/09/08 11:30 イベント情報

『Dead Space』シリーズで違和感のないUIを開発したデザイナー、Oculus社内のゲーム開発スタジオへ

2015/09/08 11:30 テック