デイリーランキング

超高解像度VRのVarjoが新製品VR-3・XR-3発表、性能向上に軽量化 価格は約半分に

業界動向

2020/12/01 23:00

個人向けの裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass Portrait」発表、199ドルから購入できるキャンペーンも

業界動向

2020/12/03 00:00

開発者と一緒に、XRの世界を広げたい――Magic Leap 1越しに見る、NTTドコモのXR戦略

業界動向

2020/12/02 12:00 Sponsored

韓国スタートアップLetsee、ARソリューションを全世界向けに提供開始

テック

2020/12/02 12:30

Oculus Questの公式ストア外アプリ配信は2021年導入か、マイクロソフトがMR特化の公式カンファレンスを開催 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/11/30 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Magic Leapが新開発ツールを発表。「Magicverse」構築目指す

MRデバイス「Magic Leap One」を手がけるMagic Leapは、新たな開発ツール「Magicverse SDK 1.0」を発表しました。これはサウジアラビアのリヤドで開催された「Future Investment Initiative 2019」にて明らかにされたもので、2020年第一四半期のリリースを予定しているとのことです。

「Magicverse」とは

「Magicverse(マジックバース)」とは、Magic LeapのRony Abovitzが提唱する、現実世界と仮想世界が多層的に重なる概念であり空間のこと。今回の発表スライドによると、同開発ツールはMagic Leap One用OS「Lumin OS」だけでなく、Unity、Unreal Engine 4、iOS、Android上でも利用できるようです。これにより、開発者はMagic Leap Oneとモバイルデバイス間で動作するアプリを制作できるようになります。

Unity用開発ツールもリリース

また、同発表前日の10月30日には、Unity用のMagic leap開発ツールもリリースされました。こちらはGithubからダウンロードできます。

https://www.youtube.com/watch?v=3h-6fdyizSs

同開発ツールには9つの機能があり、アプリ機能開発・ネットワーク接続テスト・データ分析などができます。

ツール機能のひとつ「Surface Details」では、コントローラーで指した場所が床なのか、テーブルの上なのか、などといった空間位置情報を把握できます。

https://www.youtube.com/watch?v=v8jCkDps83Q

他にも、仮想空間内にあるオブジェクトをつかんだり動かしたりする「Control Pointer」、仮想オブジェクトを常に視界にとどめておく「Keep In Front」などの機能が利用できます。

https://www.youtube.com/watch?v=Hdl9ME7lcyg

NTTぷらら、MRデバイス「Magic Leap One」活用のライブイベント演出実施 | Mogura VR

NTTぷらら、MRデバイス「Magic Leap One」活用のライブイベント演出実施 | Mogura VR

MoguraVR

MRデバイス「Magic Leap One」とは? 価格や購入方法など最新情報まとめ【2019年9月版】 | Mogura VR

MRデバイス「Magic Leap One」とは? 価格や購入方法など最新情報まとめ【2019年9月版】 | Mogura VR

MoguraVR

Magic Leap、医療分野に注力か 空間コンピューティングを診療・トレーニングへ | Mogura VR

Magic Leap、医療分野に注力か 空間コンピューティングを診療・トレーニングへ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Next Reality


【Mogura主催のイベント】
・最前線の知見が学べる、国内最大級のVR/AR/MR関連カンファレンス「XR Kaigi」今年も開催!(12/8 -12/10)

ヴァネッサ・ウィリアムス題材の“触れるミュージカル”、仏コミコンで上映

2019/11/01 19:00 AR/MR

“VR手術訓練”企業が560万ドル調達、医療機関やVCから注目集まる

2019/11/01 19:00 医療・福祉