デイリーランキング

ARをどう操作する?“指で挟む”コントローラーが登場

テック

2019/12/08 12:30

OculusのVR造形ツール「Medium」Adobeファミリーへ

業界動向

2019/12/08 11:30

超高解像VR/ARヘッドセット「XR-1」、開発版が国内販売開始

業界動向

2019/12/06 19:32

ハンドトラッキング搭載の超高解像度VRデバイス「VR-2 Pro」国内販売開始

業界動向

2019/12/06 18:30

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

返品80%減、米百貨店のVR家具購入サービスが好評

米百貨店のメイシーズは、VRを使った家具の購入サービスを導入しています。同社によれば、このVRサービスを通して家具を購入した顧客は“多くの家具や装飾品を購入し、さらに返品率は80%減”とのこと。このサービスを実現するのは、VR企業Marxentが開発したツールです。

VRで自宅を再現、家具を置いて確認

メイシーズのサービスでは、店舗を訪れた来店客が、自分の居住空間をVR内にデザインします。その後VRヘッドセットを装着し、商品の家具を置いて確認できる、という内容です。

これにより、来店者は家具を自宅に置いたときのイメージを把握することができます。また店舗にとっては「多くの在庫を抱える必要がない」「手元にない商品も紹介できる」といったメリットが挙げられます。

ユーザーは、来店前にメイシーズのウェブサイトを通じて自宅のデザインを行うことや、店頭で作成してもらうことも可能です。Marxent社はリアルな家具のオブジェクトを多数取り揃えており、店員がタブレットを使いVR内で提案します。

購入数増、返品減の効果も

Marxent社のCEO、Beck Besecker氏によれば、VRは単に集客に役立つのみではありません。VRサービスを用いて購入した来店客は、予定以上の家具や装飾品を購入し、さらに通常よりも返品率が80%低いということです。

「当社のサービスは、自信をつけるためのツールのようなものだと考えています。よりよく見て、体験して、試してみることで、返却の可能性はより低くなります」とBesecker氏はコメントしました。

日本では伊勢丹が導入

こうしたAR/VRを用いて家具の試し置きを行うサービスは、日本でも伊勢丹新宿店等が導入しています。事例は以下のリンクから。

VRで家具を"試し置き"、伊勢丹新宿店にVRサービス導入

VRで家具を"試し置き"、伊勢丹新宿店にVRサービス導入

MoguraVR

家具やインテリアを試し置き、オンライン通販「ロウヤ」にAR機能

家具やインテリアを試し置き、オンライン通販「ロウヤ」にAR機能

MoguraVR

ニトリの家具をARでおためし設置、広がる「買う前にARで確認」

ニトリの家具をARでおためし設置、広がる「買う前にARで確認」

MoguraVR

(参考)Tampa Bay Times



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

ジョイサウンド、スマホ向けにカラオケ機能のSDKを提供開始

2019/11/11 19:30 VTuber 最新ニュース一覧

音楽イベント「VIRTUAFREAK Vol.5」出演者全12組発表

2019/11/11 19:30 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集