デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15 New

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00 New

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

キアヌ主演「ジョン・ウィック」最新作、撮影にVR活用 監督も参加

2019年10月に国内公開されたキアヌ・リーヴス主演の映画ジョン・ウィック:パラベラム」の撮影において、VRが活用されています。

アクションシーン用のセット検討にVR

「ジョン・ウィック」は2014年に第1作が公開された人気映画シリーズ。キアヌ・リーヴス演じる凄腕の殺し屋ジョン・ウィックが、様々な相手と死闘を演じます。

最新作となる「ジョン・ウィック:パラベラム」の撮影では、ゲームエンジン「Unreal Engine」上で制作された撮影用セットの検討にVRが使われています。本作のコンセプトイラストレーターであるアレックス・ナイス氏によれば、作中のワンシーンで使われるガラス張りの建物のセットを2Dではなく3DCGで制作、VRデバイスを用いてライティングなどを検討したとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=ngudPwaAfIE

制作チームはこの「バーチャル撮影用セット」とVRを使うことで、実物のセットを作る数カ月前から検討に入ることができました。セットの検討にはチャド・スタエルスキ監督や俳優陣も参加。アレックス・ナイス氏は「複数の3Dモデルを作ることで、実物セットの製作許可もスムーズに下りた」と説明しています。

進む映画撮影でのVR活用

2019年10月現在、映画製作でVRが活用されるケースはまだ少数に留まっていますが、そのなかでも大きな注目を集めたのが、フルCG映画「ライオンキング」の撮影でのVR活用です。同作の撮影現場では、CGの中にVRで入り、現実のセットにいるような感覚で映画製作を行うという手法が使用されました。

ナイス氏は「VRは、映画撮影のデザイン分野で確固たる地位を築くと感じています」と、YouTubeのメイキング動画でコメントするなど、こうした手法に対し高い評価を与えているようです。

キアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』のVRゲームがアドアーズにも登場 | Mogura VR

キアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』のVRゲームがアドアーズにも登場 | Mogura VR

MoguraVR

リズム×FPSな新作VRゲーム「Pistol Whip」発表 | Mogura VR

リズム×FPSな新作VRゲーム「Pistol Whip」発表 | Mogura VR

MoguraVR

作品に入って映画製作 「ライオンキング」リメイク版の撮影でVRが活躍 | Mogura VR

作品に入って映画製作 「ライオンキング」リメイク版の撮影でVRが活躍 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)CinemaBlend


にじさんじの紙芝居動画「ぷちさんじ」ファンメイド動画制作者が公式採用

2019/11/01 18:30 VTuber 最新ニュース一覧

ヴァネッサ・ウィリアムス題材の“触れるミュージカル”、仏コミコンで上映

2019/11/01 18:30 AR/MR
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集