デイリーランキング

アップルがMRヘッドセットやARグラス向けと思われる特許を取得。メガネ無しでの体験を可能に?

テック

2022/01/18 18:00

AmazeVR、約17億円を調達。春にはVRコンサートを開催予定

投資

2022/01/18 11:32

「セカンドライフ」のLinden Labに創設者が復帰、メタバース分野での成長狙う

業界動向

2022/01/18 19:45

「docomo Open House’22」でみた6G時代の「テレイグジステンス」と「メタバース」

業界動向

2022/01/18 19:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

360度動画からAR領域へ?米スタートアップJauntが技術買収

VRコンテンツ制作やプラットフォームを手掛ける米国のJauntは、VR/ARコンテンツストリーミングを行うPersonify社のTeleporter事業を買収したと発表しました。Jauntが進めるB2B向けのプラットフォーム事業を補強、加速するものとなります。

PersonifyのARストリーミング技術

買収の対象となるのは、Personify社が有するストリーミングソフトウェアシステムのTeleporter、知的財産、申請中の特許です。6名のスタッフとCTOもJauntのメンバーに加わります。

Teleporterは、実際に存在かのするようなARオブジェクトを撮影、編集し、アプリを通じてリアルタイムにストリーミングする技術です。JauntのCTOが、Arthur van Hoff氏は「Teleporterのメンバーと技術が加わることで、当社の研究開発のスピードが上がります。我々はコアビジネスのJaunt XRプラットフォームを通じ、現実を拡張してその領域を広げていきます」と話しています。

B2Bビジネス拡大を目指すJaunt

Jauntは、2013年にVR映画や360度のエンターテインメントを見るためのプラットフォームとして登場しました。以降、ライブやスポーツなど360度動画を楽しめるVRアプリ「Jaunt」や、プロ仕様の高性能360度カメラ「Jaunt ONE」など実写中心の製品・サービス・コンテンツを発表してきました。

2018年8月、リアルタイムで3DアバターをARで表示させる技術を公開。このシステムではスマートフォンなどのシンプルな機器のみで人の動きをキャプチャし、3Dアバターとしてコンテンツに挿入することができます。同社はこの技術も足がかりとし、制作技術をパートナーへ提供するB2Bビジネスへの転換を公言していました。

今回買収したTeleporter技術は、JauntのXRプラットフォームを補完していくものと考えられます。同社はPersonifyのCTO、Simon Venshtain氏を中心にシカゴのオフィスで研究開発に注力するとしています。

(参考)VRFocusVenture Beat
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

VTuberが中国文化の“いま”を紹介 美術館で企画展

2018/09/11 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

腕に巻いたコントローラで操作、指の動きも反映できるスマホ向けVTuberツール登場

2018/09/11 12:00 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集