デイリーランキング

ノーコードでWebARが作れる国産サービス「palanAR」、位置情報を使ったAR機能が追加

開発

2021/09/22 18:30

フェイスブックのスマートグラス、欧州の規制当局がプライバシーに懸念表明

業界動向

2021/09/22 12:00

KDDIがメタバースプラットフォームを発表、VR/AR両対応の「Lynx R-1」クラファン間近か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/09/21 08:00

「Microsoft Japan Digital Days」が10月12日より開催。HoloLensやMR関連の講演も多数

セミナー

2021/09/22 19:00

うつ病治療におけるVR活用の効果検証、ジョリーグッドと研究機関が進める

活用事例

2021/09/21 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

国際宇宙ステーションでもVRやMR活用、メンテナンスや研究任務で活躍

2021年7月15日、国際宇宙ステーション(ISS)の第65次長期滞在クルーのうち2人がVRやMRを採用して任務を行いました。メンテナンス作業から物理学実験まで、クルーの活動に大きな役割を果たしているようです。

米国実験棟デスティニーの極低温実験装置(CAL)で作業するNASAのフライトエンジニアMegan McArthur氏は、極低温で研究を行うための装置の動作品質を向上させるため、MRを使用してCAL内の部品交換を行いました。McArthur氏が使用したのは、NASAが「Sidekick(Investigating Immersive Visualization Capabilities)」と呼ぶ装置で、マイクロソフト社のMRデバイスであるHoloLensシリーズを改良したものです。Sidekickは重要な情報を表示することで、メンテナンス、科学実験、その他の様々なステーション運営などの作業を改善するために使用できるとされています。

マイクロソフトのMRデバイス「HoloLens(ホロレンズ)」とは? 最新情報まとめ | Mogura VR

マイクロソフトのMRデバイス「HoloLens(ホロレンズ)」とは? 最新情報まとめ | Mogura VR

MoguraVR

またISS船長であるJAXAの星出彰彦氏は、ナノ粒子を用いた先端材料の開発に関する物理学研究の一環として、VR技術を用いて実験を行いました。星出氏はVRヘッドセットを使用し、微小重力下において宇宙飛行士がどのように「動き」を視覚的に解釈するかを観察したとのこと。

現在進行中のVRドキュメンタリーシリーズ「Space Explorers: The ISS Experience」では、国際宇宙ステーションでの生活を詳しく知ることができます。360度映像だけでなく、宇宙飛行士自身がキャストとカメラクルーを務めたことで、宇宙での生活をユニークで親しみの持てるものにしています。

https://www.youtube.com/watch?v=KfH_ZGdm-T8

(参考)NASA公式ブログVR Scout
Mogura VRはVR Scoutのパートナーメディアです。


注目のXRデバイスやソリューションが集結、XR関連企業多数出展「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2021 TOKYO」7月28日から開催

2021/07/21 11:30 セミナー

【ドラクエウォーク】ふくびき補助券が手に入る「ぱふぱ○」キャンペーン実施中

2021/07/21 11:30 ドラクエウォーク