デイリーランキング

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

イマジカグループ企業、約14億円のVR/AR/MR向けファンド組成

株式会社イマジカ・ロボット ホールディングスのベンチャーキャピタル事業を展開する、株式会社オー・エル・エムベンチャーズは、2018年3月に組成した「OLM1号投資事業有限責任組合」(OLM1号ファンド)について、約14億円の出資約束金額で組成を完了しました。

OLM1号ファンドは、VR/AR/MR分野を含む映像制作技術やサービス、新たなメディアや配信技術、スマートトイなどへの投資連携を目的に2018年3月に設立しました。ITを用いたメディア/コンテンツ領域での関連事業を行うベンチャー企業を投資対象としています。

今回新たに、株式会社ジェイアール東日本企画や株式会社電通、株式会社バンダイナムコホールディングスが出資者に加わっています。

これまでにはカバー株式会社などに投資

OLM1号ファンドの投資事例としては、カバー株式会社が実施した第三者割当増資を引き受けています。カバーはVTuber(バーチャルYouTuber)になれる配信サービス「ホロライブ」を運営しています。ホロライブには、2Dの専属VTuberである「ホロライブ1期生・2期生」がおり、3Dの専属バーチャルYouTuber「ときのそら」や「ロボ子さん」と合わせて12名が所属しています。

ファンドの概要

名称

OLM1号投資事業有限責任組合

運用期間

10年(但し、最大2年まで延長可)

出資金総額

約14億円

投資対象

ITを用いたメディア/コンテンツ領域での関連事業を行うベンチャー企業

主な出資者

・株式会社IMAGICA GROUP
・株式会社オー・エル・エム
・株式会社アドウェイズ
・株式会社ジェイアール東日本企画
・株式会社小学館
・株式会社タカラトミー
・株式会社電通
・株式会社バンダイナムコホールディングス
・株式会社ミクシィ
・SMBCベンチャーキャピタル株式会社
その他国内事業会社

(参考)IMAGICA GROUP プレスリリース

PC向けOculus Rift、2019年にアップグレードか 外部センサー不要に?

2018/11/01 15:00 Oculus Rift

オンライン旅行事業のエボラブルアジア、VR開発のダズルへ資本参加

2018/11/01 15:00 投資