デイリーランキング

シンガポール発の新VRデバイス「DecaGear」多機能・高解像度で低価格、しかし疑問視する声も

業界動向

2020/10/27 12:01

現実世界をデジタル化する「デジタルツイン」業界カオスマップが公開

業界動向

2020/10/26 16:00

清水建設がVR導入で高評価、HTCの新VRヘッドセット出現か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/10/26 08:00

アバターアプリ「Genies」が3D対応、複数アプリと提携し“バーチャル試着”も

業界動向

2020/10/26 12:02

ファーウェイ、6DoF対応の新型VRグラスを発表。発売は2021年予定

業界動向

2020/10/21 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VTuber「ときのそら」運営のカバー、2億円の資金調達 「ホロライブ」開発強化へ

カバー株式会社は、グリーベンチャーズ、オー・エル・エム・ベンチャーズ(イマジカグループ)、みずほキャピタル、個人投資家らを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約2億円の資金調達を行いました。また、バーチャルライブ配信アプリ「ホロライブ」を使って活動する、専属バーチャルYouTuberの展開を本格的に開始します。

VTuberマネジメント体制とホロライブ開発強化

今回の資金調達の目的は、専属バーチャルYouTuberのマネージメント体制の強化と、バーチャルYouTuber向け配信サービス「ホロライブ」の開発強化としています。増資に伴い、リード投資家であるグリーベンチャーズの堤達生氏が社外取締役に就任します。

カバーは昨年8月にも約3,000万円の資金調達の実施を発表。同年12月の「ホロライブ」リリースに繋げました。

「ホロライブ」はスマートフォンの前面カメラで配信者の表情を認識し、リアルタイムでキャラクターになりきれるアプリです。iPhoneとAndroid端末に対応しており、iPhone Xでは表情認識を利用し、目や口の開閉を表現できます。

ホロライブはスマートフォン版だけでなく、カバー社所属の配信者向けにPC、HTC Vive版も存在していますが、現時点では一般公開の予定はないとのこと。PC版は前面カメラを使った表情認識による配信が行えるほか、HTC Vive版では全身での配信が可能です。

「ときのそら」の活動のほか、「ホロライブ一期生」もデビュー


(カバー社所属のVTuber「ときのそら」。チャンネル登録者数は6月8日時点で約15万)

2018年6月1日には、Live2Dの専属バーチャルYouTuber「ホロライブ1期生」が新たにデビューしています。

これにより、3Dの専属バーチャルYouTuber「ときのそら」「ロボ子さん」に加えて、新たにスマホ版、PC版の「ホロライブ」を使って自宅から配信する、6人の専属バーチャルYouTuber「ホロライブ一期生」がデビューしていることになります。

ホロライブ一期生

アキ・ローゼンタール
赤井はあと
夜空メル
白上フブキ
夏色まつり
人見クリス

同社は今後、専属バーチャルYouTuberの展開を強化していくほか、バーチャルYouTuberとして活動したい個人を支援するプラットフォームを目指すとのことです。

大手企業も参入 話題の「バーチャルYouTuber」所属事務所・企業一覧 | Mogura VR

大手企業も参入 話題の「バーチャルYouTuber」所属事務所・企業一覧 | Mogura VR

MoguraVR

キズナアイ所属のActiv8、VTuber支援プロジェクト「upd8」開始 | Mogura VR

キズナアイ所属のActiv8、VTuber支援プロジェクト「upd8」開始 | Mogura VR

MoguraVR


ユーザーが自由に配置できるVR字幕システムが登場、アカデミー賞公認映画祭にも

2018/06/08 10:40 テック

中国は世界二番目のMR市場へ 中国HoloLens一周年イベントレポ

2018/06/08 10:40 HoloLens