デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR×ドローンで人命救助 米企業が550万ドル調達

ドローン向けのAR技術を開発するEdgybees社は、シードラウンドで550万ドル(約5億8,000万円)の資金調達を行ったことを発表しました。同社は調達した資金をもとに、事業の拡大を目指します。

Edgybeesはアメリカのカリフォルニア州に本社を置く、AR開発のスタートアップ企業です。これまで同社は、ドローンのカメラで撮影した映像にAR機能を追加するアプリケーションを開発してきました。昨年にはドローンカメラの映像にコインや道などを表示し、コインを集めながらタイムを競うレースゲームDronePrix ARも公開しています。

培った技術を人命救助に活用

同社は『DronePrix AR』で培った技術を活用して、人命救助を支援するアプリの開発にチャレンジしています。ドローン業界では、天災や事故が起こった際にドローンを派遣し状況を確認、対策を考えるという事業が数多く行われていますが、EdgybeesはそこにARを組み合わせています。

ドローンで撮影した映像に、ARで道路名や住所などを表示することで、ドローン操縦者は救助隊に指示を行うために必要な情報を知ることができます。これにより、救助隊に対してより具体的な指示が可能になることが期待されています。

https://www.youtube.com/watch?v=Qvfzr7ECR0w

ARを他産業でも活用

Edgybeesの共同設立者兼CEOのであるAdam Kaplan氏は、「ARを様々な分野にも提供するエコシステムを支援していくつもりだ」というコメントを発表、AR技術を社会の様々なところで役立てていくという意思を明らかにしています。

(参考)EdgybeesVentureBeat

PSVRがソフト同梱で5万円以下 Amazon大型セール開催中

2018/03/02 15:00 話題

フォルクスワーゲン、従業員1万人以上にVRトレーニング導入へ

2018/03/02 15:00 ビジネス活用事例