デイリーランキング

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

カヤック、2018年決算を発表 「VR SPARC」への投資継続

業界動向

2019/02/18 17:35

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

学校での銃撃事件をVRトレーニング 米政府が教員にも提供へ

アメリカでは教師が学校の射撃事件に対応するために、VRで事件現場をシミレーションすることができるアプリの開発が進められています。

事件訓練用VR

EDGE(Enhanced Dynamic Geo-Social Environment)と名付けられたこのVRアプリは、アメリカ陸軍および国土安全保障省が560万ドルの予算をかけて開発しているものです。現在は消防署や警察機関を訓練するために利用されており、今年の春にアップデートを行い、教師に対して提供を開始する予定です。

3種類の役割

このシミュレーターには、教師、銃撃犯、警察官という3種類の役割を体験することができます。銃撃犯は、学校に侵入し、目につく人を無作為に殺します。教師の役割の場合、パニックに陥った生徒を集め、命を救うために安全な空間を見つけなければなりません。警察官は銃撃犯を見つけて、射殺しなければいけません。

それぞれの立場で体験を行うことで、犯人の行動心理などを理解することができ、それが万が一の時に活きるかもしれません。

経験すれば生存の可能性は上がる

EDGEのチーフ・エンジニア、Tamara Griffith氏は「経験が豊かになればなるほど、生存の可能性は高まります。またこのゲームによって複数の経験を持つことで、何が効果的で、何が効果的でないかを知ることができます」と語っています。

(参考)
Bleak New Game Trains Teachers How to Survive School Shootings https://gizmodo.com/new-vr-simulation-trains-teachers-how-to-act-during-sch-1821736475


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ポケモンGO次回作、ハリーポッターのARゲームは2018年後半に配信

2018/01/09 19:30 AR/MR

レノボ、180度“二眼”カメラ「Mirage Camera」発表 YouTubeへ直接接続

2018/01/09 19:30 テック