ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

学校での銃撃事件をVRトレーニング 米政府が教員にも提供へ

アメリカでは教師が学校の射撃事件に対応するために、VRで事件現場をシミレーションすることができるアプリの開発が進められています。

事件訓練用VR

EDGE(Enhanced Dynamic Geo-Social Environment)と名付けられたこのVRアプリは、アメリカ陸軍および国土安全保障省が560万ドルの予算をかけて開発しているものです。現在は消防署や警察機関を訓練するために利用されており、今年の春にアップデートを行い、教師に対して提供を開始する予定です。

3種類の役割

このシミュレーターには、教師、銃撃犯、警察官という3種類の役割を体験することができます。銃撃犯は、学校に侵入し、目につく人を無作為に殺します。教師の役割の場合、パニックに陥った生徒を集め、命を救うために安全な空間を見つけなければなりません。警察官は銃撃犯を見つけて、射殺しなければいけません。

それぞれの立場で体験を行うことで、犯人の行動心理などを理解することができ、それが万が一の時に活きるかもしれません。

経験すれば生存の可能性は上がる

EDGEのチーフ・エンジニア、Tamara Griffith氏は「経験が豊かになればなるほど、生存の可能性は高まります。またこのゲームによって複数の経験を持つことで、何が効果的で、何が効果的でないかを知ることができます」と語っています。

(参考)
Bleak New Game Trains Teachers How to Survive School Shootings https://gizmodo.com/new-vr-simulation-trains-teachers-how-to-act-during-sch-1821736475

この記事を書いた人

田口大智

明治大学文学部フランス文学専攻に在学中。明治大学硬式野球部引退と同時に休学し、日本マイクロソフトのインターンに9ヶ月間参加。Microsoft Azure やHoloLens 等の啓蒙活動に携わる。現在は米国ワシントン州シアトルに留学中。Twitter:@_taccho

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース