デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」

業界動向

2020/02/10 12:00 Sponsored

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アメリカの警察官がVR研修、精神疾患者への対処法学ぶ

軍や公共機関のセキュリティ製品を手掛ける米企業のアクソン(Axon)は、VR(バーチャル・リアリティ)を活用した新しいトレーニングプログラムを発表しました。本プログラムは、警察官が自殺願望を持つ対象者への対応を学ぶことを目的として開発されています。


(画像:ABC News

アクソンのVRトレーニングプログラムは、警察官が、うつや幻覚、幻聴などの精神疾患を抱える人への対応方法を学ぶよう設計されています。2019年5月にシカゴ警察が導入したVRトレーニングでは、統合失調症や自閉症の症状を抱える人との接触方法を学ぶ内容となっており、今回発表されたトレーニングは、それに続くプログラムになっているとのこと。

精神疾患者への警察官の対応方法が求められる

アメリカ国立精神衛生研究所(National Institute of Mental Health)の統計によると、どの年を取ってみても、5人に1人のアメリカ人が精神疾患に罹っているとのこと。例として、2018年に発生した警察による発砲で992名が死亡し、そのうち213名が精神的な病気に罹っていたことが判明しています。アクソンのVRプログラムは、この深刻な状況を改善するために真正面から問題解決に取り組んでいます。

アクソンのトレーニング部門のシニア・ディレクターを務めるローラ・ブラウン氏は本プログラムについて次のようにコメントしています。

危機的な状況において、精神疾患を抱える対象者とのファーストコンタクトを担う警察官が、共感と自信を持って接触することができるようトレーニングが設計されています。私たちは、自殺の念に駆られている人々の最後の頼みの綱になり得る警察官をサポートすることをとても誇りに思います。

アクソンのVRプログラムは、危機的状況にある精神疾患を抱える対象者と、対応する警察官の2人の視点から学ぶことができます。同じ状況下において、それぞれどのように見て、感じ、聞こえるのか当事者の立場になって体験できるようプログラムが構築されています。

(参考)POLICEONE.COM


この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(9月21日~9月27日)

2019/09/29 19:00 必見!今週のおすすめVTuber

HTC VIVEの後継機「VIVE Cosmos」って? 最新情報まとめ【2019年9月版】

2019/09/29 19:00 VIVE
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集