デイリーランキング

米陸軍、HoloLens 2活用のシステムを車両部隊でもテスト

活用事例

2022/01/19 12:30

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.22

メタバース

2022/01/19 11:30

マイクロソフトが米大手ゲーム会社を7.8兆円で買収、背後には「メタバース」も?

業界動向

2022/01/19 19:14

Magic Leapがヘルスケア企業4社と提携。次世代デバイスの早期アクセスプログラム開始へ

業界動向

2022/01/19 18:00

大日本印刷とGaudiyが提携、メタバースとファンエコノミーをつなぐビジネス創出目指す

メタバース

2022/01/20 19:10

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アップルが“バーチャルアシスタント”で特許、CGのイルカや猫が道案内

アップルの申請した特許が、米国特許商標庁から公開されました。この特許はARやVR、MRの中でユーザーを導く“ガイド”に関するもの。犬や猫、イルカの姿をしたガイドが、体験者を導く仕組みになるようです。

バーチャルアシスタントが先導

特許のタイトルは”Contextual Computer-Generated Reality (CGR) Digital Assistants”。VRやARの中で、ユーザーをガイドするバーチャルアシスタントに関する内容です。Contextual(文脈に沿った)の語が表すように、特定のシーンやトリガーがある時だけ出現します。

特許に挙げられるアシスタントは、動物やシンボル、キャラクターといったものです。特許本文では、「例えば、犬は速く走り物を取って来ることができます。ユーザーがレストランを探している時(現実世界でもCGR内でも)、CGの犬がコンテクスチュアルCGRとして出現し、レストランの情報をユーザーに伝えます」と説明しています。

イルカや風船、ユーモアあるアシスタントの姿

他にもアップルは、ネコやイルカ、風船といったバーチャルアシスタントを提案。視覚だけでなく、音によるアシスタント機能もあるということです。

この機能はVR/ARデバイスの他、iPhoneやiPad等の既存アップル製品で活用方法があるかもしれません。特許の実現可能性は不明ですが、遊び心のあるツールとして興味深いものです。

アップルのAR開発に関するニュースはこちらから。

ARグラス関連か? アップルが"HMDのレンズ位置自動調整システム"で特許 | Mogura VR

ARグラス関連か? アップルが"HMDのレンズ位置自動調整システム"で特許 | Mogura VR

MoguraVR

アップルが"バーチャル会議システム"で特許 ARグラス向けか | Mogura VR

アップルが"バーチャル会議システム"で特許 ARグラス向けか | Mogura VR

MoguraVR

アップルのティム・クックCEO、ARに寄せる期待を語る | Mogura VR

アップルのティム・クックCEO、ARに寄せる期待を語る | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Apple Insider


【注目の記事】
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

大田区議会議員おぎの稔 ケモミミ議員系VTuberとしてデビュー

2020/04/01 11:30 VTuber 最新ニュース一覧

【2020年】エイプリルフール VTuberが仕込みネタを次々披露

2020/04/01 11:30 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集