NVIDIA、VR対応のプロフェッショナル向け新型GPU Quadro P6000発表

グラフィックボードメーカーNVIDIAは、アメリカで開催中のCGの祭典SIGGRAPH2016にて、VRコンテンツを制作するプロフェッショナル向け新型GPU「Quadro P6000」を発表しました。

Quadro P6000

NVIDIAのGPU Quadroシリーズは、プロフェッショナルが使用するワークステーション向けのGPUです。ゲーミングを主眼に据えたGeforce GTXシリーズとは異なるラインナップとして提供されています。

今回のQuadro P6000は、GeForceシリーズの新型にも搭載されている次世代のアーキテクチャPascalを搭載し、VRにも対応したモデルとなっています。パフォーマンスは12テラフロップス、コアは3840基、GPUメモリーは24GB搭載。デザイナは複雑なデザインの処理をこれまでより最大2倍の高速化が図れ、VRコンテンツ制作のための動作の重いアプリケーションにも最適としています。

Quadro P6000

P6000の価格は未定。

NVIDIAは同時にSIGGRAPHにて360度動画をリアルタイムスティッチング(リアルタイムでの貼りあわせ)を可能にする「VRWorks 360」を発表しています。

(関連記事)
NVIDIA、Pascal世代の最上位GPU「TITAN X」を発表
NVIDIA、VR対応のGTX1060を発表、GTX980相当の性能で価格は249ドル
NVIDIA、次世代GPUとなるGTX1080/1070を発表。VR性能が飛躍的に向上。価格は599ドル/379ドル

(参考)
The New NVIDIA Quadro
http://www.nvidia.com/object/quadro-graphics-with-pascal.html


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii