Oculus、VRヘッドセット向け曲面型ディスプレイを特許申請

Oculusは、VRヘッドセット用の新たな曲面ディスプレイの特許を出願しました。現在Oculusが開発中の一体型ヘッドセットに本技術が搭載されるかは不明ですが、さらなる次世代ヘッドセットの存在も示唆しています。

未発表の次世代ヘッドセットに搭載か?

VRヘッドセットOculus Riftが発売されて以降、各企業から様々なVRヘッドセットや周辺機器、コンテンツが登場するようになりました。VR技術の成長サイクルはまだ確立こそしていませんが、次世代のVRヘッドセットに期待するものを推測し始めています。

Oculusが今回特許申請を行った曲面ディスプレイは、それ自体はハイエンドカメラや一部のテレビモニターなどで見られる一般的な技術です。ヘッドセットのディスプレイを湾曲させることで、現在はレンズやソフトウェア修正のみで補われている視野角をより広くすると考えられます。

来年にはSanta Cruz開発版が出荷へ

Oculusが現時点で発表している次世代ヘッドセットは、いずれも一体型のSanta CruzOculus Goの二つです。両者ともPCやスマートフォンなしで動くことが特長の“スタンドアロン(一体型)VRヘッドセット”となります。

2017年10月のOculus Connectで発表されたOculus Goは、スマートフォン向けVRとPC向けハイエンドVRの中間の位置づけと考えられています。

Oculus Goは動き回ることこそできないものの、Gear VR相当の体験が2万円強で実現する低価格なデバイスとなります。既に開発版の出荷を開始しており、2018年上旬にリリースを予定しています。

一方Santa Cruzは、ハイエンドに近いVR体験を提供する6DoF(自由に動ける)ヘッドセットです。外部センサーなしでの位置トラッキング、同じく6DoFのハンドコントローラーと、Oculus Riftに近い体験が可能となります。

Santa Cruzは、2018年中の開発版出荷を予定しています。曲面ディスプレイはSnata Cruzに搭載される可能性もありますが、この特許技術がどのような製品に用いられるのかは、現時点では不明です。

VRヘッドセットはディスプレイ技術、レンズ、センサー、頭部のエルゴノミクスなど技術の結晶です。今後もどのような技術が採用された製品が登場するのか注目したいところです。

(参考)
Oculus File Patent For Curved Display / VRFocus(英語)
https://www.vrfocus.com/2017/12/oculus-file-patent-for-curved-display/

Mogura VRは、VRFocusとパートナーシップを結んでいます。

関連するキーワード: Oculus

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!