デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

マーク・ザッカーバーグ「2020年代にARグラスのブレークスルーがある」

フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグ氏は、自身のFacebookに2020年代の抱負を投稿しました。プライベートの目標やガバナンスの課題とともに、VR/ARについてもトピックを立てて述べています。
(本記事は、VR/ARに関するザッカーバーグ氏の投稿を翻訳したものです)

次のコンピューティングプラットフォーム

2010年代の技術プラットフォームは携帯電話でした。2000年代以前はウェブに関するもので、1990年代はデスクトップPCでした。それぞれのコンピューティングプラットフォームは、よりどこでもアクセスしやすく、私達が自然に使えるものとなってきました。私はこの先10年間も、引き続き電話(※スマートフォン)がメインのデバイスになると思っています。しかし2020年代のどこかで、ARグラスのブレークスルーがあるでしょう。これは、我々とテクノロジーの関係を再定義するものとなります。

AR/VRは存在感、すなわち誰か他の人とその場にいたり、或いは他の場所にいたりするように感じることです。周囲の人達から遠ざけるようなデバイスを所有するのではなく、次世代のプラットフォームは、我々がお互い一緒にいるという感覚を強め、技術が邪魔にならないようにしてくれます。たとえ初期のデバイスは不格好なものだとしても、将来はこれまで作られた中で最も人間的で、社会的な技術プラットフォームができるでしょう。

どこにでも”存在できる”という能力は、我々が今日直面する最大の社会的課題に取り組むのに役立ちます。その課題とは、例えば急増する住居費や、地理的制約による機会不平等といったものです。現代の人々は、より職のある都心に移るべきだと考えています。しかし多くの都市には十分な住居がなく、住環境が低下する一方、家賃はうなぎ上りに上昇しています。もし、自分の住む場所を好きに選べ、どこにいてもあらゆる職に就けるとしたらどうでしょう?当社が現在開発中のものをリリースできれば、2030年までに、この想像は現実にぐっと近づくはずです。

開発やマーケティングトップの意見は

フェイスブック首脳陣の発言はこちらの記事でも紹介しています。

フェイスブックR&Dトップが語る次世代VRへの道 ARグラスには慎重姿勢 | Mogura VR

フェイスブックR&Dトップが語る次世代VRへの道 ARグラスには慎重姿勢 | Mogura VR

MoguraVR

【独占取材】フェイスブックは「Horizon」で何を目指すのか? | Mogura VR

【独占取材】フェイスブックは「Horizon」で何を目指すのか? | Mogura VR

MoguraVR

Oculus技術トップ、ジョン・カーマックが語るARとVRの将来 | Mogura VR

Oculus技術トップ、ジョン・カーマックが語るARとVRの将来 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Facebook


【Oculus Quest】1月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2020/01/12 11:30 ゲーム・アプリ

サッポロ黒ラベル、MRデバイスNrealLightで体験するキャンペーンを実施中

2020/01/12 11:30 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集