デイリーランキング

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

日本のメタバース・XR業界の動向を海外へ発信、英語圏向けオンラインイベント「XR Kaigi mini」が開催

セミナー

2021/11/26 12:00

ナイアンティックが3億ドル調達、ハンドトラッキングのUltraleapにテンセントら出資 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/11/29 08:00

「メタバースは今後3年間が重要」など、世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.10

メタバース

2021/11/22 19:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.11

メタバース

2021/11/25 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR/AR作品コンテスト「XRクリエイティブアワード 2021」開催、幅広い分野のコンテンツを募集中

一般社団法人XRコンソーシアム(XRC)は、XR作品のアワードである「XRクリエイティブアワード 2021」の開催を発表しました。これからのVR/AR業界を牽引する作品やクリエイターを発掘するべく、作品の募集を開始します。応募受付期間は5月18日から7月15日まで。9月4日には最終審査・授賞式が行われる予定です。

第七回となる2021年のテーマは「clairvoyance(千里眼)」。VRやAR、アカデミア、テクノロジー、アートの第一線で活躍する審査員らが作品を審査・評価し、優れたものを選出します。今年の審査員にはXRCの理事に加え、キュレーター・展示プロデューサーの内田まほろ氏が参加します。

XRコンソーシアムの代表理事を務める藤井直敬氏は、本アワードについて以下のようにコメントしています。

コロナ後2年の現在、世界はようやく混乱から立ち直りつつあります。コロナで多くのものが失われた一方で、人々の空間に対する意識とコミュニケーションが大きく変わりました。技術的には10年以上前から可能であったオンラインコミュニケーション利用が一気に加速し、様々な働き方やライフスタイルが生まれてきています。そのような中でXR技術に実用面での期待が集まっています。ようやくXRが使える技術として世の中に広まりつつある今、私達はさらに遠くを見据えて新しい価値を生み続けていく必要があります。今回のテーマはclairvoyance(千里眼)。遠くまで世界を見通すクリアな視界をもつXRクリエイターに作品応募をお願いしたいと思います。

なお、XRクリエイティブアワードでは協賛企業を募集中です。スポンサー向け資料はこちら(リンク先PDF)。

XRクリエイティブアワード2021 応募要項

応募期間

2021年5月18日(火)~7月15日(木)

作品応募締切

7月15日(木)

選考スケジュール

5月18日:募集開始
7月15日:募集締切、1次審査・2次審査を実施
8月中旬:ファイナリスト発表
9月4日:ファイナル審査・授賞式

受賞賞金

賞金:
・最優秀賞 ×1 (10万円)
・優秀賞(ゲーム部門) ×1 (5万円)
・優秀賞(コンテンツ・アート部門) ×1 (5万円)
・優秀賞(エンタープライズ部門) ×1 (5万円)
・優秀賞(学生部門) ×1 (3万円)
・スポンサー賞(スポンサーがついた場合)
(審査員特別賞は選考過程により決定:1万円)

※選考の過程で各部門に対応した作品を選出します。学生部門を除き、応募時に部門を選択する必要はありません。

※学生部門の条件:代表が現役学生かどうか、応募時に確認を行います。

対象作品

2020年、2021年に制作されたVR/AR/MR作品

※体験形態は問いません。ヘッドセット等を着用しないものでも可。

※「作品」としていますが、ゲーム・エンターテイメント・産業活用・建築・教育・アート・サイエンスなど、XRを使ったあらゆる作品・コンテンツ・アプリケーション・プロジェクトを対象とします。

応募方法

以下を揃えたうえで応募を行ってください。

①作品概要
②サムネイル
③作品紹介動画

※③作品紹介動画について:作品の体験が伝わりやすい動画を推奨します。

※VR/ARとも3人称視点で、体験者の様子が分かる動画の方がより伝わりやすくなります。(VRではMixed Reality CaptureやLIV、HoloLensではSpectator Viewなどのツールを使用することを推奨します)

※VRの場合、360度動画での出力も推奨します。

審査員(敬称略)

・藤井直敬(ハコスコ 代表取締役、デジタルハリウッド大学 教授)
・水口哲也(エンハンス 代表、慶應義塾大学大学院 特任教授)
・落合陽一(メディアアーティスト、筑波大学准教授)
・近藤 “GOROman” 義仁氏(株式会社エクシヴィ 代表取締役社長)
・田宮幸春(株式会社バンダイナムコアミューズメント 企画開発部 マネージャー)
・中村薫(株式会社ホロラボ 代表取締役CEO)
・吉田修平(ソニー・インタラクティブエンタテインメント インディーズイニシアチブ 代表)
・若山泰親氏(ブレイクポイント株式会社代表取締役、Tokyo XR Startups株式会社 プロデューサー)
・内田まほろ(キュレーター、展示プロデューサー)

主催

一般社団法人XRコンソーシアム

運営

株式会社Mogura

公式Webサイト

https://xrc.or.jp/award2021/

(参考)XRクリエイティブアワード2021プレスリリース


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

ディズニーの世界をバーチャルで体験!「ディズニープリンセス展 VR」開催

2021/05/20 11:30 イベント情報

NVIDIA DLSSにVRタイトルが追加 「No Man’s Sky」などパフォーマンスが大きく向上へ

2021/05/20 11:30 ゲーム・アプリ