デイリーランキング

米陸軍の最大2兆円規模「HoloLens 2」導入が延期、2022年9月予定へ

業界動向

2021/10/21 19:30

パソナグループとAVITA、協業でアバター人材雇用創出プロジェクトを開始

業界動向

2021/10/26 19:00

「第一回全国VRコンテスト TOUCH JAPAN」が開催。「日本」を世界に発信する360度動画を募集

業界動向

2021/10/27 11:30

HPの「Reverb G2」改良版が発表。トラッキング性能やAMD製GPUとの互換性改良へ

業界動向

2021/10/25 11:30

フェイスブック、XR分野への投資は2021年単体で1兆円以上 翌年以降さらに加速へ

業界動向

2021/10/26 14:24

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR/ARコンテンツを簡単に制作できるプラットフォームを開発中のWakingApp、430万ドルを資金調達

イスラエルのWakingAppは、シリーズCラウンドの投資により、430万ドル(約5.1億円)を資金調達したことを明らかにしました。

image201511241520071

WakingAppは、VRやARのコンテンツを誰もが簡単に制作できるようなプラットフォームを開発しています。彼らの開発しているアプリ「ENTiTi」は、ドラッグ&ドロップによって色々なオブジェクトを配置したり、動きを決めたりといった操作ができるとしています。既に公式サイトから無料でダウンロード可能です。

制作したアプリは、共通のプラットフォームで共有することで、スマートフォンの同名アプリ「EnTiTi」やスマートグラスなどで使うことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=ZAZhFEQ-AN8
※動画は公開期間が終了し、現在は削除されています。

今回、WakingAppへの投資を率いていたのは、中国のインターネット企業Youzu Interactiveです。同社の投資部門のディレクターDaniel Chen Fan氏は「この分野はこれから3年で13000%伸びるでしょう。5年後には1500億ドルの市場になっていると考えています。中国市場におけるAR/VRコンテンツの制作における参入障壁をWakingAppが克服できると考えています」と伸べています。

VR分野でも、より簡単にコンテンツを作れるようにする動きは始まっています。今後もその流れは続いていくと考えられます。

関連記事:マインクラフトのような開発キットやUnity向けのVR制作ツールキットが登場。より簡単にVR世界を創れるように。


スター・ウォーズ最新作のイントロにつながる公式VRコンテンツが12月2日に公開

2015/11/24 19:30 VR動画

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』の360度ティザー動画がYoutubeで公開

2015/11/24 19:30 VR動画