デイリーランキング

茨城県、VTuber起用で約2億4,000万円の効果

業界動向

2019/04/22 19:02

NTTドコモが広視野角VRゴーグル発表、かつてのノートルダム大聖堂をVRで ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/04/22 08:00

Valveの新型VRヘッドセット「Index」判明済み最新情報まとめ

Index

2019/04/20 11:30

インテルがスマホ向け5Gから撤退 PC向けやインフラ開発は継続

業界動向

2019/04/22 12:00

VRやARを音声で操作 フェイスブックが音声アシスタントを開発中

テック

2019/04/22 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ワコム、Magic Leapと協業 MR環境での複数人制作や編集が可能に

ペンタブレットやCAD関連製品を手掛ける株式会社ワコムは、MRデバイス企業Magic Leapとの協業を発表しました。空間コンピューティングを活用したMR環境において、複数人での製品デザインやコンテンツ制作を可能とするシステムを共同開発します。

MR画面を共有して編集可能

両社はMagic Leapが10月9日~10日に開催した開発者会議L.E.A.P.にて、プロトタイプを公開しています。プロトタイプでは、Magic Leapが開発した「スペースブリッジ(Spacebridge)」というアプリケーションを用います。同社のデバイスMagic Leap OneとワコムのペンタブレットIntuos Proを連携させ、MR環境でのデザインや制作、編集などを複数人数で行います。

Magic Leap Oneを使うと「制作したオブジェクトが実際の空間にMR画像で浮かび上がる」とのこと。ユーザーはアングルや縮尺を自在に変えたり、立体の画像を見たりしながらデザインや編集が可能です。デモでは、4人のメンバーが同じMR画面を共有しながらデザインをしたり、離れた場所にいるメンバー同士が共有した画面上でブレインストーミングしながら作業を進める様子などが紹介されました。

このプロトタイプの特長は、従来よりもよりダイナミックでリアリスティック、そしてインタラクティブ(双方向)に使用することが可能な点です。

直感的かつ自然に使いこなせる

Magic LeapのCEO、ロニー・アボビッツ氏は「Magic Leapとワコムはともに、直感的かつ自然にコンピューターを使いこなせる世界を提供するというパッションを共有しています。両社が共同で開発したこのプロトタイプは、新時代のクリエイティブ制作環境の発展に貢献するものになるでしょう」とコメントを寄せています。

両社は、今回の L.E.A.P カンファレンスに参加した、デザインやエンターテインメント業界のエキスパートからのフィードバックを期待しています。そして、クリエイティブ用途向け3Dアプリケーションのエコシステム発展を進めていくとしています。

(参考)株式会社ワコムニュースリリース




VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」





VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

東京都葛飾区、防災訓練VRを開始 火災避難や消火体験

2018/10/10 16:28 活用事例

イスラム教徒だけが入れる聖地への大巡礼、NHKが360度動画公開

2018/10/10 16:28 VR動画
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集