デイリーランキング

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

パソナ・パナソニックがVRコンテンツ制作サービス「VRer!」をスタート 制作・公開・閲覧をワンストップで

開発

2019/02/14 18:00

ブラウザでのAR、VRに影響 iOS12.2でセキュリティが強化

開発

2019/02/14 12:00

悪夢の克服にVRが効果的 調査結果が発表される

ビジネス活用事例

2019/02/14 11:30

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VTuberに海外も注目 グーグル、YouTubeでの総再生数は5億回と公表

日々活躍の場を広げているVTuber(バーチャルユーチューバー)には、国内にとどまらず海外からも関心が寄せられているようです。グーグル(Google)のトレンド分析「Think with Google」で取り上げられたほか、イギリスの国営メディアBBCもVTuberが流行する様子を詳細な記事で紹介しています。


(VTuberのトップランナーとして知られるキズナアイ。動画配信だけではなく訪日観光大使なども務めており、YouTubeのチャンネル登録者数は225万人にも及ぶ。日本のYouTuberとしてもトップ30位以内にランクインしている)

昨年から再生回数は5億回

グーグルは2018年9月のYouTubeにおけるトレンド分析で、3つのトピックを取り上げました。その筆頭に挙がったのがVTuberです。グーグルは2017年初頭からの再生回数は5億回にのぼると公表。2018年の1日あたりの再生回数は、前年比4倍ということです。

また、キズナアイが日本政府観光局(JNTO)の訪日促進アンバサダーに就任したことや、月ノ美兎を起用した花王のコラボレーション企画なども紹介。その影響力を説明しています。

なぜVTuberなのか?

一方、英メディアBBCも、企業の積極的な投資等の事実を挙げた上で、流行の背景まで考察を行っています。BBCが取り上げるのは、ライブエンターテインメント事業に100億円規模の投資を発表したグリーや、バーチャルYouTuberに特化したマネジメント事務所「ENTUM(エンタム)」の開設といった、企業の動き。そして、カメラの前で喋って録画するだけの生身のユーチューバーでなく「なぜ手間のかかるVTuberを使うのか?」を論じています。

理由の1つにBBCが挙げるのは、VTuberができることのスケールの大きさです。YouTubeの世界を飛び出し、ゲームに出演することも可能。またVR/AR技術を使い、バーチャルコンサートも開催できます(BBCは輝夜月のVRライブにも言及しています)。

またグリー広報・杉山氏の話として「多くの人は、『他のキャラクターになりたい』という願望を持っている」ということを紹介しています。そして「日本人は自分をオープンに表現することが得意でない。本当は(メッセージを)世界に伝えたいが、自分の姿を見せたくない、という人が多く存在するのではないか」という同氏の見解を伝えています。

日本国内で大きな盛り上がりを見せるVTuberには、海外からの認知や注目も高まっていると言えそうです。

(参考)Think with GoogleBBC-Capital


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

住宅情報「SUUMO」がVR技術をWebサイトに導入、3Dで物件確認が可能に

2018/10/11 17:57 ビジネス活用事例

趣味はガンプラ・FX? 自称“永遠の14歳” 女子中学生VTuber「黄瀬まこ」

2018/10/11 17:57 VTuber 最新ニュース一覧